近藤誠一、6000オール一閃! 快勝でチームは最高潮!!




近藤誠一、
6000オール一閃!
快勝でチームは最高潮!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の開幕4日目第1戦は近藤誠一(セガサミーフェニックス)が、堂々トップを獲得。南場の親番で6000オールをアガった近藤が、逃げ切りトップ。今シーズン初登場で初トップを決め、EX風林火山を交わして首位に返り咲いた。

1回戦の対局者は、EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、そして近藤。

東一局は、鈴木が二階堂から1000点のアガリ。次局は負けじと二階堂が仕掛けて・赤1の1300・2600のツモアガリ。

東3局は、近藤と鈴木のリーチ合戦。二階堂もトイトイ・ツモり三暗刻で追いつくも軍配は鈴木にアガる。リーチ・一発・ツモの2000オールで鈴木が首位に。

同1本場は、鈴木の仕掛けに近藤がリーチでかぶせる。鈴木も食い延ばしで応戦するが、結果は松本が近藤に放銃。リーチ・赤1・ウラ1の5200で上位をうかがう。

そして南1局、近藤の親。今度は仕掛ける鈴木に対して、近藤がリーチで押さえつけにかかり、結果ツモアガリ。リーチ・ツモ・ピンフ・イッツー・イーペーコーの6000オール! これがこの半荘の決め手となり、近藤がこのままトップで逃げ切った。
勝利者インタビューで近藤は「初日から魚谷がトップ、茅森が2位ときて自分がトップ、フェニックスは今は最高潮じゃないですか」と語った。

▲試合を決定づけた近藤の6000オール

【Result】
1着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀) 3万3200点/+53.2
2着 EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟) 3万1400点/+11.4
3着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会) 1万9400点/▲20.6
4着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会) 1万6000点/▲44.0

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +133.1(3/90)
2位 EX風林火山 +104.4(3/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +22.4(4/90)
4位 TEAM雷電 +9.4(4/90)
5位 U-NEXT Pirates +2.4(4/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +1.2(4/90)
7位 渋谷ABEMAS ▲133.6(3/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲139.2(3/90)

キャスト

キャスト
セガサミーフェニックス
赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:内川幸太郎
レポーター:松本圭世

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ フェニックスvsドリブンズvs風林火山vs ABEMAS