村上淳、オーラス大逆転! ドリブンズ貫禄の1勝目!!




村上淳、
オーラス大逆転!
ドリブンズ貫禄の1勝目!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の開幕4日目第2戦は村上淳(赤坂ドリブンズ)が、堂々トップを獲得。南3局までラス目に甘んじていた村上だが、親でのハネマンとオーラスのマンガンで一気に逆転。ドリブンズに初勝利をもたらした。

1回戦の対局者は、EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀協会)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)そして村上。

東3局、親の村上から今シーズン初の「リッチ」ならぬリーチがかかる。これに対抗したのが魚谷。無筋を押し通して、逆に村上からタンヤオ・高めのサンショク・赤1のマンガンを討ち取る。

東4局は日向が魅せる。ピンフ・イーペーコー・ドラ2の確定マンガンの待ちをリーチ。を一発で勝又から仕留め、裏ドラが雀頭で2枚乗ってバイマン! 16000の大きなアガリを決めて、トップに躍り出る。

日向トップ、村上ラス目で迎えた南3局。親の村上の配牌にはすでに三暗刻が完成、しかもドラ3! これをきっちり仕上げて13巡目にツモアガリ、6000オールで一気に2位に浮上する。

そしてオーラス、5巡目に日向がを切ってリーチを宣言するが、これがなんと村上のアガリ牌。タンヤオ・ドラ1・赤2のカンチャン待ちにストライク! 見事2局で大逆転劇を演じてみせた。

勝利者インタビューで村上は「(鈴木)たろうさんへの誕生日プレゼントが、遅れて僕に来たのかな、という感じです。ファンの皆様から叙々苑弁当の差し入れをいただいて、ありがとうございます。今年も期待値をコツコツかせいで頑張ります!」と語った。

▲まさかのオーラス5巡目ダママンガン

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会) 3万7600点/+57.6
2着 渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀協会) 2万4600点/+4.6
3着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟) 2万100点/▲19.9
4着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟) 1万7700点/▲42.3

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +113.2(4/90)
2位 EX風林火山 +62.1(4/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +22.4(4/90)
4位 TEAM雷電 +9.4(4/90)
5位 U-NEXT Pirates +2.4(4/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +1.2(4/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲81.6(4/90)
8位 渋谷ABEMAS ▲129.0(4/90)

キャスト

キャスト
セガサミーフェニックス
赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:内川幸太郎
レポーター:松本圭世

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ フェニックスvsドリブンズvs風林火山vs ABEMAS