「その1ポイントを削りだせ」精密な堀慎吾が上げた反撃の狼煙【Mリーグ2021観戦記10/19】担当記者:ZERO

「その1ポイントを削りだせ」
精密な堀慎吾が上げた反撃の狼煙

文・ZERO【火曜担当ライター】2021年10月19日

1回戦
東家:黒沢咲(TEAM雷電)
南家:堀慎吾(KADOKAWAサクラナイツ)
西家:白鳥翔(渋谷ABEMAS)
北家:勝又健志(EX風林火山)

お待たせし過ぎたかもしれません

開幕3週目、最後尾からの登場はこの男だった。

勝又健志
昨シーズンのファイナルで、一騎当千の活躍を見せたのが記憶に新しい。
今シーズンを迎えるにあたり、Mリーグルールをたくさん研究してきたという。

満を持して登場した開局、勝又はここから【3ソウ】を切った。↓

【3ソウ】を残すと三暗刻の可能性が残るが、あいにく【8マン】が2枚切れ。
じゃあその【8マン】を切れば良いのでは、とも思うが勝又は【8マン】を2者への安全牌として置いたのだ。
浮いている【4ピン】が横に伸びて…

20004000のツモアガリとなり、最高のスタートを切った。
画像じゃ伝えきれないが裏ドラを2枚めくるモーションが手際よく、さらに申告が早い。
めくった瞬間に20004000と言っているのだ。
あぁ麻雀IQ220が帰ってきたんだな…と思わせるにふさわしい開局だった。

何かがおかしい

堀は絶望の淵にいた。

(おかしい。この俺が2回打ってまだトップをとれていないだなんて。)

勝又が20004000と申告している場面でも堀は

カン【3ピン】の満貫テンパイを果たしていた。

東3局では

(きたぜ!俺の得意な配牌!)
と、ここから【白】の対子落とし。

(そんなん、みんな得意だよ…)

あえて【白】の対子落としを見せ、堀が場を制圧したところで

ダブドラの赤【赤5ピン】をツモってくる。

その【5ピン】を白鳥からポンして…

カン【7ピン】のテンパイ。
も…

白鳥との2人テンパイで流局。
その瞬間、堀が白鳥の手牌に目をやる。

(いつもペタペタオリてるくせに、なんで俺のドラポンに向かってくるんだよ!)

(親だからだよ)

こうして白鳥が親をつないだ1本場。
白鳥がダブ東をポンしてこの形。↓

【2マン】【4マン】、どちらで待つかの場面。
【2マン】が良さそうに見える。
(対面の黒沢が【1マン】【3マン】と切っており、上家の堀が【2マン】【1マン】と切っている)

しかし白鳥は

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!