その涙の理由は…もはや絶望的に見えた魚谷侑未、復活の前日譚【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

その涙の理由は…

もはや絶望的に見えた

魚谷侑未、復活の前日譚

文・アホ東大(院)生【火曜担当ライター】2019年1月22日

 

チームランキングで見ていくと、

2位(+284.4)ドリブンズ

5位(▲105.9)Pirates

6位(▲174.1)ABEMAS

7位(▲247.1)フェニックス

どのチームの残り試合も14~16戦となっており、Mリーグもいよいよ終盤に突入してきた。

2位ドリブンズは、ポイントの余裕もあり、ファイナル進出を見据えてポイントを伸ばしたい。

下位のチームに逃がしてもらえる展開も多くなりそうで比較的有利な組み合わせか。

5位Piratesは、トップを取ればボーダーラインの雷電に迫れ、ラスを引いてしまうと順位を下げてしまいかねない。

Piratesらしい安定した試合運びができるか。

6位ABEMASは、少なくとも2回トップを取らなければ4位には浮上できないと考えられる。

多少無理な選択を強いられる場面も増えていくか。

7位フェニックスは、ここからラスを食ってしまうと▲300台になり後がなくなってしまう。

ラスはなんとしても回避し、トップはなんとしてももぎ取りたい苦しい状況。

ハイリスクな選択を取らざるを得ない場面も出てくるか。

1回戦目は、

村上淳(赤坂ドリブンズ)

石橋伸洋(U-NEXT Pirates)

多井隆晴(渋谷ABEMAS)

魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

の対決となった。

 

東1局0本場

石橋がを軽快に鳴いていき、巡目が早い段階で間待ちのテンパイをいれる。

その後、を空切りしていく。

空切りとは、ツモってきた牌と同じ牌もしくは、同様に扱える牌を手出しすることである。

を空切りすることで、他者からはソウズの3周りが待ちになっている可能性があると読みをずらすことが出来る。もちろん空切りと相手にばれてしまっては意味ないし、空切りすることで、その周辺の牌を持っていると相手に知られてしまうデメリットはある。

しかし、今回は多井のこのイーシャンテンの形からを捉え、Pirates石橋らしい3900のアガリ。

 

東2局0本場

石橋の技がこの局でも光る。

早い巡目にと手出しして、

ツモ切り。ダブをポンして

ション牌の打。その後手出し。

滝沢が解説しているが、普通だったら自分が重ねて打点アップを狙ったり、他者の鳴きを警戒してを手に留めたくなるが、石橋は、の切り順。を自分で切っているのにを手に残す。このは、言うなれば他者の読みを妨害するジャミング牌だろう。

実際に村上がの周りのを持ってきて、暗刻のを1枚落とし、チートイツに移行する。するというより、ジャミング牌によって移行させられたのかもしれない。

多井は、1枚切れのを持ってきて手のに残し打が石橋の手の中にあるのでないかという読みだろう。多井はが切りきれず、石橋一人テンパイ。