努力の天才・村上淳が築き上げた「たられば」の具現化【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

努力の天才

村上淳が築き上げた

「たられば」の具現化

文・ZERO【火曜担当ライター】2019年1月22日

 

Mリーグもいよいよ佳境を迎え、選手の一打一打に熱がこもってきた。

ちょっと前までは「結構なお手前で…」と、相手の手を褒め称える品評会のような上品な雰囲気があったが、今では選手たちも感情を全面に出して、バチバチと牌をぶつけ合っている。

強打に関しては、私自身は熱い思いを感じることができるので、どちらかというと容認派だが、それをチームやファンが「素晴らしい」とひたすら礼賛するのも違うと思う。Mリーグを見たファンが真似するのも、よくない傾向だろう。

世論をふまえてもう少しうまくやった方がよいのでは…と思う。

もう1つ、どうしても気になることがあるのでついでに言っておこう。

「東〇局・〇本場・供託〇本」の表示位置を変えてほしい。現在は

この位置にある。

どうだろう?対面の捨て牌と重なって、全く見えないのではないかと思う。特にスマホからみる際は全く把握できない。

実はこれが観戦記者泣かせなのである。例えば「東1局1本場、園田の打中がエロ過ぎる」とノートにメモってあったときに、左上の表示を頼みに該当する局を探すので、現在の見づらい表示だとかなり苦労するのだ。

できれば…

ここらへんのスペースに表示するなどの工夫をしていただきたい。あと上の画像のように、東家・南家・西家・北家…やリーチの表示ももっとわかりやすくした方がよいと思う。「余計なものはそぎ落としスタイリッシュに」という方針なのだとは思うが、最低限の情報はわかりやすく伝えてもらいたい。

ちなみに園田の打を調べてみたら…

ここから。これはをポンしたときにと並べることによって、残った三元牌の鳴きやすさを高めようという意図である。なかなかのエロさだ。

それでは本編に入ろう。本日の主人公は…

 

村上淳である。

この画像のように、対局直後の村上は、大抵顔を真っ赤にしている。汗もびっしょりでかなり疲労している感じが伝わってくるではないか。それだけ一戦一戦、全身全霊を賭けて臨んでいるという証だろう。

東2局

村上はこの手牌で2枚目の風牌であるをスルーした。

たしかにバラバラだが、ツモ次第では簡単に満貫になるのでポンする人も多いはずだ。実際にチームメイトの園田は「ポンする」と言っているし、たろうもポンしそうだ。この材料でポンをしないのは勿体ないと感じてしまうが、村上は自分で切ったを残してを切っているくらいなので、守備に重きを置いたのだろう。このへんはスタイルの違いか。

親の石橋がダブをポンしたところで…

現物のを抜いて完全に撤退。

強者は「無駄な放銃」を絶対にしない。

この手牌だったら誰もがオリると思うが、村上の守備力が光ったのは次の局だった。

ここから何を切るか。

を切るのが普通だろう。他の牌は何を切っても激痛のロスが発生する。

しかし村上は少考して…

なんとを切った。

ドラも赤も手役も無い手牌「なんとなくパンパンに構える」ことを嫌ったのだ。

もとから価値が低い手だからこそ、裏目であるをツモってもダメージは小さい。

また、次にをツモったらどうせ出ていく牌だ。

それだったら先にを払っておいてを持ち、守備力を高めておく選択は、非常に理にかなっている。

こう構えておいて…

うまく先手が取れたら攻める。

「リッチ!」

スタジオに響いた村上の声を聞いて20年以上前のことを思い出した。

私が最高位戦に入会したころ、ほぼ同時期に村上もそこにいた。

(熱闘Mリーグより)

当時の面白いエピソードがあればよいのだが、村上は現在と何一つ変わらぬ姿で麻雀と向き合っている記憶しかない。

難しい場面ではうんうんと唸り、鼻息を荒らげ、顔を真っ赤にする。

発声は大きく、常に感情をあらわにして打っていた。

正直、私の抱いた印象はよいものではなかった。

感情を出してアガれるなら世話ないし、プロというものはもっとクールに打つべきだと思っていたからだ。

しかし間違っていたのは私だった。村上はあれから20年間、ずっとあの姿勢のままで麻雀を打ってきたのだ。誰よりも真剣に打ち、誰よりも深く反省する。その行程を一日と欠かさず繰り返し、多くの実績を積み重ね、今の姿がある。

 

 

(熱闘Mリーグより)

これは村上がずっと付けてきたというノートだ。

村上は決して天才ではない。しかし20年以上毎日続けてきた勉強と反省が、天才に匹敵するほどの麻雀モンスターを作り上げてしまった。

昔を思い出している間に1000.2000のツモアガリ。

次局のこの選択も面白かった。

ここから村上はを切った。

まずこの手牌、形上はイーシャンテンだが、愚形×愚形では相当テンパイしづらい上に、ドラ0枚のカンチャンではそもそも「リッチ」しない。つまりこの手はイーシャンテンとは呼べない。そこで好形を作れるマンズのという部分とドラそばのを残してリャンシャンテンに戻したのだ。

次の巡目にうまいことをツモるも、アガれず。この日、村上はツモが噛み合わず、テンパイすることも難しかった。

代わりに立ちはだかったのが多井だ。

東4局、下家の石橋のリーチを受けて

多井はこの手牌。を落として回っていく。そうして迎えた9巡目。

こんなイーシャンテンになっていた。678の三色が確定していてそこそこの手牌だが、が浮いていては厳しいか。が、ここから多井はを力強く押した。

これが、本手率の高い亜樹や黒沢のリーチだったらオリていたかもしれない。愚形ドラ1くらいの可能性が残る石橋のリーチだからこそ中盤過ぎでの2枚プッシュを敢行したのだろう。この判断が…

ハネマンという形になって結実する。

ABEMASとしても、ここでトップをとるのとラスを引くのではファイナル進出率に大きくかかわる場面だ。ギリギリまで踏み込んで得たアガリは痺れるものがあったと思う。

再び多井。

アガって迎えた親番で、村上のリッチに対してこの手。

現物のを切るかと思いきや、多井の選択は通っていないをプッシュ!

リャンメン、そしてあわよくば三色を作ってリーチするという意志が伝わってくる。万が一をツモってきてしまっても、禁断のフリテンおっかけリーチという手もある。

この2000オールあとに6000オールをアガり、勝負の趨勢は決まったように見えた。

しかしオーラス、親の村上が追いすがる。

ここまで守備面で光るものを見せるも、結果が出ずに迎えた親番でのこの手牌。

ここから何を切るか。

受けが広いのはもちろん打だ。しかし村上はそんなことは百も承知でを切った。

たしかに瞬間のテンパイ受け入れは

 

→20枚

→10枚

 

と、倍も違う。しかしペンをツモってのタンキや、をツモってのリーチのみ愚形など、満足できるテンパイになる牌はほとんどない。それならばこの手牌をイーシャンテンと捉えず、ソウズの連続形を活かしてよりよい形を作っていこうという意図だ。

を残すことによって、

ツモでさらに良いイーシャンテンに前進する。

狙い通りをツモってより広いイーシャンテンになった。そして次の巡目だった。

をツモってどうするか。

まずリッチのみのカンでは分が悪い上に見返りが低すぎる。

は切らないとして、私は瞬間的に打が面白いと思った。カン待ちになった時の布石と、裏目のツモでもイーペーコーが完成するからだ。しかし村上は考えたのちに…

を切った。

早い段階でを切っている人が複数いてソウズの上が有力、リャンメン待ちになる牌が最も多く、そして極め付きは…

裏目のツモをツモっても

三面待ちのフリテンリッチが打てることだ!

「ZERO君…麻雀の基本は牌をつなげることだよ」

という村上の声が聞こえた気がした。

ふと思う。

私も20年前から毎日麻雀漬けの生活を送り、毎日勉強と反省を繰り返していたら、どれくらい強くなっていただろうか。多くのおじさんが思う「たられば」の話を具現化したのが村上淳の姿なのだ。

フリテンリッチは実らず、石橋にかわされてしまい、この半荘は大きな3着で終了した。

こうしてまた村上は真っ赤な顔してインタビューを受け、控室に戻った。

放銃が1回もなく、不遇としか言えない半荘だった。それでも村上はいつものようにドリブンズのチームメイトと反省点を語り合い、1人で動画を見直し、また卓上に戻ってくるだろう。まだ村上はこのMリーグの舞台で満足できる成績を残せていない。

しかし私は努力の天才・村上を「たられば」の自分と重ね、これからもその姿をずっと追い続けていくことだろう。

 

ZERO(ゼロ)

麻雀ブロガー。フリー雀荘メンバー、麻雀プロを経て、ネット麻雀天鳳の人気プレーヤーに。著書に「ゼロ秒思考の麻雀」。現在「近代麻雀」で『傀に学ぶ!麻雀強者の0秒思考』を連載中。

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

大好評発売中!!!!

 

(C)AbemaTV