仲間のバックアップに感謝 『ACEのエース』として、勝って恩返しを EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【浜野太陽インタビュー】

仲間のバックアップに感謝 

『ACEのエース』として、

勝って恩返しを 

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション

【浜野太陽インタビュー】

浜野太陽(日本プロ麻雀連盟)

Twitter:https://twitter.com/taiyosun_jpml

YouTubeチャンネル「麻雀ニュージェネch」: https://www.youtube.com/channel/UCA69k1EJh8jQcSlssH5ilGA?app=desktop

 

-今回、オーディションに参加するにあたっての思いについては。

麻雀プロになり、会社員との両立が難しくなったことで会社を辞め、大好きな麻雀で生きる道を選びました。麻雀を生業にして生きるという意味では、Mリーガーは一番いい職業だと思いますし、せっかくそれになれるチャンスがあるならということで、迷わずに応募しました。

-今は株式会社ACE(エース)の麻雀事業部に在籍し、普及やイベントなどに携わられています。一般の麻雀ファンの方と接する機会も多くなったと思いますが、そこでの熱の高まりみたいなものは感じますか。

数年前から一つの雀荘を貸し切ったイベントとかがどんどん増えてきて、麻雀界でも動くお金の額とかが大きくなってきていると思います。麻雀で生きていくためのチャンスは増えてきているのかなと、日々思っています。

-浜野プロはタイトル戦の決勝などで、Mリーガーとの真剣勝負も経験されています。

多くの一般の方は無限に打つことを前提に最適な打牌をされると思いますけど、1回勝負とか5半荘勝負とかで1位になる麻雀は全く別だと思っています。初めて出たタイトル戦の決勝では魚谷侑未プロと前原雄大プロがいらっしゃったんですけど、その打ち方を肌で感じられたのは大きかったですね。

-周りの麻雀プロ仲間からも、激励の言葉などがあったと思います。

めちゃくちゃありがたいですね。対局中に思い出すこともありますし、普段僕が競技生活に集中できるような環境をバックアップしてくれているところがすごくあるので、その人たちのためにも負けられない、という思いがありますし、勝てば株式会社ACEが注目されるかもしれないので、勝って恩返ししたい思いも強く持っています。

-応援してくださる方へのメッセージを。

みなさんのおかげで、オーディションでも普段通りの麻雀が打てていると感じています。ここ半年、1年くらいで教えてくださった方がいっぱいいて、自分の麻雀はかなり変わってきたと思います。それを見せられるのはすごくありがたいことなので、ぜひ見てほしいと思います。

 

EX風林火山ニューメンバーオーディションはABEMAプレミアムにて配信中!

6月21日: #平賀聡彦 VS #菊田政俊 VS #浜野太陽 VS #ようへい(1回戦)

https://abema.tv/video/episode/558-1_s1_p33

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!