強者との戦いを求める求道者 団体の代表として恥ずかしくない戦いを見せる EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【竹内元太インタビュー】

強者との戦いを求める求道者 

団体の代表として

恥ずかしくない戦いを見せる 

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション

【竹内元太インタビュー】

竹内元太(最高位戦日本プロ麻雀協会)

Twitter:https://twitter.com/takeuchigenta

 

 -今回のオーディションに参加するにあたっての思いから、お聞かせください。

実はもともとMリーグにはそんなに興味がなくて、初年度などは一切見ていませんでした。僕はただ麻雀が強くなりたくて、そして強い人と打ちたくて麻雀プロをやっているわけで、じゃあどこに一番強い人がいるのかと言えば、それは最高位戦日本プロ麻雀協会のA1リーグだと思っていたんです。でも、身近な存在である朝倉康心石橋伸洋村上淳園田賢などが頑張っている姿を見ているうちに、彼らとあの舞台で戦えたらとても幸せなことだな、と思うようになり、参加を決意しました。Mリーグには堀慎吾さんとか、他団体の強い人もいっぱいいます。組み合わせによっては間違いなくMリーグが最高峰の舞台と言える戦いがあるわけで、それを見ているとうらやましいと思います。

-スタンスとしては、強さのみを追求するところは変わらない。

そうですね。とにかく強くなることしか考えていませんでしたから、Mリーグに出るために積極的な自己プロデュースをしようとかは、そんなに考えていなかったです。

-今回のオーディションも、強い人がたくさん参加しています。

楽しみですよね。日本プロ麻雀協会の仲林圭くんとか、よく知っている強い人たちもたくさん参加しています。彼らと真剣勝負の場で戦えることはあまりないので、すごく楽しみにしています。

-周りの反応としてはいかがでしたか。

先輩方はすごく応援してくれて、村上さんもエールをくれました。僕は団体推薦のポイントももらっていますし、結果を出せないと、推薦をもらっていない人、いろいろな理由で出られなかった人に申し訳ないですよね。推薦をもらっている以上、誰もが認めるような結果、内容でやらないといけません。

-最後に、意気込みをお願いします。

最高位戦の代表として出させてもらっているので、恥ずかしくない麻雀を打ってしっかりと結果を出したいと思っています。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!