ASAPINの「超頭脳何切る」Q20





押し引き1

南2局の5本場、親番。
上位3名が競っているがラス目の対面もそれほど差がなく、アガリ・放銃の重みが非常に強い場面。
man4-66-90-s-embman7-66-90-s-embの両面受けは否定されているが、押してきている下家にも危ないman4-66-90-s-emb。押し? オリ?Q20

回答はコチラ





















asappin_color
ASAPINの回答

pin4-66-90-s-emb

アガり切れれば供託・本場込みで合計4500点の聴牌。
連荘もできて周りのアガリも潰せるということで押したくなる要素はかなり多いですが… さすがに二人テンパイに対して危険牌のman4-66-90-s-embを切り、ペンsou7-66-90-s-embテンパイでは分が悪そうですね。
man4-66-90-s-embman7-66-90-s-emb待ちはないもののman1-66-90-s-embman4-66-90-s-embやシャボ待ちは残っており、下家にも危険なため、この一牌を通すことでかなり不利な抽選を最初に受けなければならなくなります。
点数状況的にもオリるともうトップのチャンスが無くなるというわけではないため、リスクリターンを天秤にかけると少し降り有利かな、という印象です。
ちなみに打sou8-66-90-s-embですが後にsou9-66-90-s-embが通る公算がかなり低いため、私は流局までにテンパイを組みなおせればラッキーとして筒子の面子を丸ごと外していきそうです。pin2-66-90-s-embはまず通りそうですし、流局間近のテンパイならば比較的通りそうなpin3-66-90-s-embを一枚勝負する価値は十分にあると思います。
粘るにしてもこの手恰好からman9-66-90-s-embを切るのは微妙な気がします。

ASAPINの自信度 80%

 

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です