中央線アンダードッグ 第17話【長村大 連載小説】

中央線アンダードッグ

長村大

 

 

第17話

 

東2局、おれの親もホリエに軽く蹴られた。

親を迎えたホリエは、さらに2900をカジからアガる。そして次局、またもやホリエが手牌を開けた。

 

 ドラ ロン

 

まだ5巡目、しかもダマテン。放銃したのは、これまたカジである。

おれだったら、迷わずリーチにいっている手牌だ。6000オールで一気に決めたい手であるし、安目のの処遇も考えねばならない。もちろんツモったらアガらざるをえないが、この手を出アガリ2900でいいのか。あるいは見逃すのか。

だが逆に、若い巡目ならば、リーチしたら抑え込まれるを拾える可能性も十分にある。そしてこの状況からの12000点は、半荘一回勝負の決まり手となる可能性もまた十分だ。

実は、おれの手牌にはが2枚にが暗刻で入っていた。これだけで残り2枚しかない。もちろんホリエは知る由もない、だがもしリーチとしていたらアガリはあっただろうか。

ifの話をしても詮無いが、いずれにせよホリエはダマテンの目にベットし、そして賭けに勝ち、12000点の報酬を得た。

これでホリエの持ち点は5万点に僅かに短いくらい、彼の冷静な打ち筋を加味すれば八割がた優勝だろう。少なくとも、見ている者はそう思ったはずだ。

 

しかし直後の東3局2本場である。

この半荘最大の山場がやってきた。

 

 ドラ

 

配牌はこれである。

悪くはない。悪くはないが、高くなりそうもない。ものすごくツモが噛んで789の三色になるか、というくらいで、現実的にはピンフにドラが絡んでくれれば御の字だろう。

すぐにとツモってこのイーシャンテン。

 

 ドラ

 

だが、ここから手が進まない。むなしくとツモ切りを続けている間に、西家のマツダに仕掛けが入った。をポンして

 

この捨て牌。

マツダはまだ一度も放銃していない二着目だが、ホリエとはすでに二万点以上の差がついている。できればなるべく大きな手をツモって、ホリエの親を落としたいところだ。当然ピンズのホンイツ手が本線となる。

ピンズも字牌も1枚も余らせていない捨て牌だが、実はこの時点でマツダはすでにテンパイしていた。

 

 ポン

 

ここに、タンピン含みのイーシャンテンのホリエがを被せる。

 

 

ここからツモ切り。もちろん二着目のマツダに打ちたくはないが、まだなにも余っていない捨て牌。テンパイしていない確率の方が高いし、ドラ色でないホンイツなら3900止まりの可能性も高い。これくらいは当然押す。

そしてそのをマツダがポン、打。これもまた当然の仕掛けだ。テンパイからテンパイのポンだが、待ちが増えて、かつツモれば点がハネる。

次巡マツダがツモってきた牌は、ノータイムで加カン。リンシャンツモはならなかったが、新ドラにがめくれる。満貫のテンパイまで変化した。

 

おれが引かされたのは、もう押せるピンズはない、打。次にツモ、ツモでこの形。

 

 ドラ カンドラ