ほんのちょっとだけ欲張りなお母さん 茅森早香は今宵も打点の夢を見る【Mリーグ2021観戦記2/24】担当記者:ゆうせー

ほんのちょっとだけ

欲張りなお母さん

茅森早香は今宵も

打点の夢を見る

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年2月24日

【第1試合】

東家:鈴木たろう赤坂ドリブンズ
南家:沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ
西家:本田朋広TEAM RAIDEN / 雷電)
北家:茅森早香セガサミーフェニックス


解説 河野直也  実況 日吉辰哉

レギュラーシーズンも残り10戦。

現在7位の赤坂ドリブンズ。先発は鈴木たろう。火曜日2戦目の大トップから、日をまたいでの連投だ。

「ミスターパルプンテ」

入場時にたろうはそう呼ばれた。

パルプンテは人気ゲーム「ドラゴンクエスト」に登場する呪文。効果は、

『何が起こるか全く分からない』

その呼び名にふさわしい、オリジナルの選択が東1局から飛び出した。

親番たろうは4巡目、

ここから打【南】とした。【白】のポンをメインとするなら打【1ソウ】だ。トイツが多い方が動きやすい。

しかし、たろうの眼は、両脇の第一打【1ソウ】をとらえていた。絶好のカン【2ソウ】受けを軸にリーチと【白】ポンの両方を追う。

次の分岐点の、

8巡目には、

【6マン】! 依然よく見えるカン【2ソウ】ターツを外しはしない。ならばマンズは1ブロック想定だ。【7マン】が2枚見えていることから、瞬間のロスを2枚におさえつつ、【白】ポンとリーチの両方を貪欲に狙う。

次のツモは、

【2マン】

そして、

立て続けに【6ピン】を引き入れて、カン【2ソウ】リーチ!

たろうにとっては、【1ソウ】【3ソウ】ターツを軸に手を進めていったいわば「普通」の選択かもしれない。だが、見ている我々にとってはなかなか思いつかないルートだ。

そしてこの【2ソウ】、リーチ時点で山に4枚眠っていた。

この日は、たろうの表情がいつもと違って見えた。

『勝ちたい』

そう願うたろうの、

最後のツモ番にも【2ソウ】はいなかった。

「ロン」

そしてこの【8ソウ】が、【赤5ソウ】を仕掛けていた本田への放銃となってしまう。

タンヤオ赤ドラドラ。8000点。

時間がほんの少し、止まった。

局は進んでいく。

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊