Mリーガー 多井隆晴が出題!多井何切る【第1問】




はじめに
こんにちは、RMUの多井隆晴ですϵ( ‘Θ’ )϶

AbemaTVなど観ていただいている方はご存知かもしれませんが、ぼくは場況を重視するタイプの打ち手です。

しかし、今回の何切るでは、場況がなくても面白い問題・解答を出せると思い、前半には手牌だけの問題を入れてみました。
手牌の形に対するぼくなりの感覚を感じていただければ幸いです。

後半では、ぼくが得意な場況ありの問題です。
ぼくの実戦譜を見ながら、どこに注目してその打牌になったのか、というところを説明してみたいと思います!

ぜひお楽しみください!

RMU 多井隆晴

一番受け入れが広いのは切りですが、どうしますか?

回答はコチラ




















解説:

まず、を切って目一杯のイーシャンテンに受ける選択肢があります。

でも、タカハル的には基本それらを選びません! では何を切るのかというと、ぼくは切りがいいと思っています。

ピンズの引きで両面テンパイが確定するので、好形リーチを目指したいですね。

では、次に「なぜではなくなのか?」です。

理由はただ1つ。

2が2枚見えている両面より、3が2枚見えている両面の方が優秀だからになります。

極論を言ってしまうと、ぼくは23345が最もいい両面だと思ってるんですよ。単独23より1枚少ないのに、実は大体の場面で単独23より23345の方を残しています。

あ、内緒だったのに言っちゃった(・ω<)

1や2って安全度で長く持ちやすいので、3をブロックすることで112や122からの1が拾えることがけっこう多いんですよね。逆に133や113は3が持ちにくいので、形を決めて先切りされることが多いと思っています。

具体的にどれぐらいの強さかというと、1枚切れまでならが生牌と互角ぐらいに強いと思っています!

見た目枚数は8枚vs6枚で、確かに生牌の方が多いです。

でも、8枚残っていることなんて実際にはないわけで、その8枚って希望的観測に過ぎないんですよね。

麻雀は「希望的観測でヤマ読みをしない」ことが大事で、それより麻雀牌の組み合わせ上アガりやすい形ってあると思うんです。

まずはそういう形や仕組みを見つけていくといっぱいアガれて楽しいと思いますよ!

point:3を2枚使った両面は最強


多井何切る【第2問】はコチラ

Mリーガー 多井隆晴の「多井何切る!?」は毎週月曜・木曜更新!!

多井隆晴が熱く語る!

「多井熱」Amazonはコチラです。⇒ https://www.amazon.co.jp/dp/4801914411

この記事のタイトルとURLをコピーする