あなたもゼウスになって奇跡の逆転トップが取れるか? 鈴木たろう何切る全5問!【Mリーグ2022-23観戦記11/17】担当記者:ゆうせー

あなたもゼウスになって
奇跡の逆転トップが
取れるか?
鈴木たろう何切る全5問!

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年 11月 17日

第1試合

東家:鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)
南家:白鳥翔(渋谷ABEMAS)
西家:瀬戸熊直樹(TEAM RAIDEN / 雷電)
北家:滝沢和典(EX風林火山)

まず、走ったのは目下絶好調の白鳥だった。

東1局は、

ここから【8マン】をツモ切り。ドラ受けよりも縦の手を大事にする。

そして、

狙い通りに三暗刻でのツモアガリ。テンパネして2000-4000。

続く東2局は、

親番でリーチをかけて、赤をツモ!

鋭い眼光だ。表示にもあるように、6翻での6000オール。

滝沢の満貫出アガリを挟んで、東3局は、

チャンス手で【南】を切って目一杯に構えた白鳥が、

イーペーコーをつけた8000点を出アガる。

さらに見るものを驚かせたのが、

東4局

ダブ【東】を鳴いた滝沢に対して、

白鳥は、

ここから打【5ソウ】

立体図で見てみよう。

まだ滝沢は1副露だが、中ごろの牌が余ってきている。自分の手が追いつきそうもないここは白鳥、徹底して「放銃しないように」メンツを崩したのだった。

「崩すのは容易ではない」

一連の白鳥の打牌が、見るものにそう思わせる。

ここまで2連勝中。さらに23戦連続ラスなし。結果にも頷ける安定感。点棒を持たせるとなかなか出てこない。

この局は滝沢とたろうの二人テンパイで流局となった。

さぁ、ここからがみなさんの出番です。

たろう選手になり切って、これから出てくる何切る5問全てに正解し、58500点を持っている白鳥選手を逆転してください。

もちろん「自分なら何を切るかな?」という視点で楽しんでいただくことも出来ます。

第1問

東4局1本場

たろう選手は【赤5ソウ】をツモってきてこの形となった。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!