何度だって舞い続ける! 大失速のチームを救う二階堂亜樹、会心の大逆転劇【Mリーグ2020観戦記2/12】担当記者:渡邊浩史郎

何度だって舞い続ける!

大失速のチームを救う

二階堂亜樹、会心の大逆転劇

文・渡邊浩史郎【金曜担当ライター】2021年2月12日

長かったようで短かったMリーグも残り1か月ちょうど。

こうも終盤になってくると単純な見た目のスコアも大事だが、それ以上に調子が大事なように思える。ずるずると落ちてきてしまったチームと下位からのし上がってきたチームとではテンションもメンタルも違う。

そういう意味で、EX風林火山はかなり流れが悪い(あえてこの言葉を使わせていただく)と言っていいだろう。

2021年に入ってから400pt近くを失ってしまっている。まさに貯金を切り崩してなんとか成り立っている状態だ。このままではチームが当初掲げた3位以内どころかレギュラーシーズン敗退もあり得る。

この状況を脱するため、送り出されたのは二階堂亜樹

卓上の舞姫がチームの悪い流れを断ちに出陣した。

2月12日 第1試合

東家 二階堂亜樹EX風林火山

南家 瑞原明奈U-NEXTパイレーツ

西家 佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部

北家 沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ

【東1局】

親番の亜樹。配牌からあった赤とドラを……

5巡目

6巡目と切り出していく。他家からすれば第一級警戒態勢だ。

を重ねてをアンカン!

そして当然のリーチ!

これに捕まってしまったのが二枚切れのドラ単騎で聴牌を入れていた沢崎。

裏ドラこそ乗らないがリーチ・一発。タンヤオの9600のアガリ。上々の滑り出しとなった。

しかしここから亜樹の受難が続く……

【東1局1本場】では瑞原にマンガンをツモられ、親被り。

【東2局】ではラス目の沢崎がマンガンツモ。

【東3局】

暗刻が多いこの配牌を……

四暗刻イーシャンテンまで持って行った!

直後に出たこのを……

スルー!

マンズがよさそうとはいえ、ソウズのはかなり期待できない。12巡目ということを考えれば出アガリ2600、ツモってマンガンの聴牌を取る選択も当然亜樹の中にあったはず。

15巡目に出たは当然ポンだが、これは九をポンしていればツモアガリだったともいえる牌。亜樹の目にもそう見えているだけに決して気持ちいいものではないだろう。

親の寿人のリーチが入って下ろされて流局。流れを重んじるプレイヤーであれば嫌な予感を感じることは間違いない。

【東3局】

しかし予感に反して配牌はすこぶる良い。すぐにでもイーシャンテンにたどり着けそうな手牌だが。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!