堀慎吾、切れ味の鋭さを発揮して生誕祭の小林剛を差し切る!! チームポイントは3桁に!!

堀慎吾、

切れ味の鋭さを発揮して

生誕祭の小林剛を差し切る!!

チームポイントは3桁に!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕74日目、第2戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東場でリードした堀だが、小林に逆転されてしまう。オーラス、勝又のリーチを受けながらも、堀がマンガンのツモアガリを決めて小林を差し切った。

第2戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大U-NEXT Pirates小林剛、そして堀の4名。

平たい状況で迎えた東4局。西家の堀はから仕掛けてピンズのホンイツトイトイ狙い。南家・前原からをポンしてテンパイ。のシャンポン待ち。ほどなくをツモアガリ。この2000・4000のアガリで堀がトップ目で南入する。

南1局、6巡目に北家・小林が先制リーチ。234サンショクが確定のペン待ち。これを終盤にツモアガリして2000・4000。小林が堀に迫る。

次局、小林になんとダブルリーチの手が入る。単騎待ちが止まるわけもなく、勝又が放銃。ドラ1の5200点で小林がトップ目に。

オーラスを迎えて、小林と堀の点差は6700点。堀が2アンコの手からをポンしてトイトイに向けて発進。道中、役牌のを重ねてテンパイ。『アンコのが出たら大明カンしなきゃ(※)』と堀が考えていたところにをツモってきてトイトイ三暗刻の2000・4000で、堀の逆点勝利となった。

を大明カンすると、での出アガリが50符3翻となり6400点プラスリーチ棒で逆転可能となる。

堀はインタビューで、

「(トップを取れて)うれしかったです。オーラスはが出たら大明カンしないとなぁ、って考えてて(ツモの)反応が遅れました。勝又さんからリーチが来たときは、駄目かなと思ってましたけど、ツイてました」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 4万2300点/+62.3
2着 小林剛・パイレーツ 3万6000点/+16.0
3着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 1万4900点/▲25.1
4着 勝又健志・風林火山 6800点/▲53.2

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +599.0(74/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +139.4(74/90)
3位 EX風林火山 +8.5(74/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲40.9(74/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲72.2(74/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲140.8(74/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲189.7(74/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲303.3(74/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsPirates」

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
2月12日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:松本吉弘
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀・Mリーグ情報をいち早くお届け!