【熱論!21人のMリーガー】小林剛・U-NEXTパイレーツ〜麻雀サイボーグの「相対速度読み」〜

熱論!21人のMリーガー

小林剛・パイレーツ

〜麻雀サイボーグの

「相対速度読み」〜

文・ゆうせー【U-NEXTパイレーツ担当ライター】

U-NEXT Pirates特集第2弾。本日は小林剛選手の特集です。2018年12月20日の対局に関して、観戦記コラムも書きましたのでよかったらそちらもお願いいたします。

もはや人間技ではない!麻雀サイボーグ小林が弾き出したコバゴーの1択【熱論!Mリーグ】

 

さて上の記事でも紹介したが、麻雀サイボーグといわれる小林。選択に感情を反映させることがなく、また、アガリ逃しなど「考えてもしょうがないこと」はそもそも気づかないという、対局中の鉄メンタルっぷり。

 

では、小林は感情がないのか?という疑問が湧いてくるかと思う。果たしてどうなのだろう…

 

実はものすごく感情豊かなのでは…?というのが私の持論である。その証拠の一つとして、今私の手元にMリーグ選手名鑑(竹書房)があるのだが、個人データ欄にある小林の趣味を見てみると…

趣味 カラオケ

 

そう、ご存知の方も多いかと思うが、小林はものすごく歌が上手い。麻雀プロによるカラオケ配信番組で、オフコースや徳永英明を情感たっぷりに歌い上げ、会場の空気全てをもっていったこともある。

感情の無い人間が、あんなに上手くバラードを歌えるはずがない、と思うのだがどうだろうか?

さらに調べていたらこんな情報も見つかった。

得意な曲 聖闘士星矢の「ペガサスファンタジー」

…マ、マジですか??本人に確認してみたところ、どうやら得意というわけではないが歌うことはある、とのこと。感情が豊かどころの騒ぎではない。エモーショナル確定。これはもうエモゴーだ。

ちなみに対局の途中でも、打牌選択以外の局面では小林は感情が表情に出るタイプだと感じる。今から前半戦で印象に残ったシーンを交えつつ、小林の麻雀を紹介していくが、その中でもいくつか良い顔をしている場面があったので、特にファンの皆様はぜひ楽しみにしていてください。

 

小林の麻雀

テーマ1 アガリへの嗅覚

 

小林は自分がアガれるルートを簡単に閉ざしたりはしない。役牌が鳴けるときに必ずと言っていいくらいポンをするのは、ひとまずはそのルートを確保するためだろう。

手バラからの役牌一鳴きに抵抗がある方も多いと思うが、19字牌の全ての牌を使えて、人の捨て牌も利用できるというのは大きい。また、対戦相手からみると、ドラが何であれ「もしかしたらドラが固まっているかもしれない」という警戒心はぬぐえないという側面もある。

小林の手順を見てみよう。

10月18日(木)2戦目

北家の小林。親から出たを一鳴き。まずは役を確定させる。親の現物だからといって遠慮なんてしない。そして、

ここは打。ブロックが足りないので、数牌を残して字牌を切っていく。

を引いてリャンシャンテンに。にくっつけての1000点が本線か。

ここがポイントだ。ドラのを持ってきた小林。ここで切り。引きでドラが使えるこの手格好。自身の打点上昇を見てドラを残した。ドラを切ってしまうと周りにナメられる、というのもあっただろう。

普段から「よく1000点をアガります」と言っている小林。この言葉の意味は「なんでもかんでも1000点にしてアガります」ではない。「1000点にしかならない手でも、しっかりアガりをとりますよ」という意味なのだ。

ここは1000点コースを狭めてドラを残した小林。いったいこの手は何点になるのだろうか…

ここは淡々としたポーカーフェイスの小林。高そうにも安そうにも見えてくる表情だ。

次巡、

を引いた。何を切る…

小林の選択は打。マンズの一気通貫狙いと、中盤に差し掛かるので危険な余剰牌を持たないのが狙いだろう。

次に引いたのは、

なんとドラの。3900以上が確定だ。さらにもうひとひねり、

小林はを切った。ペンのつり出しや、を引いての落としまたは落としという満貫コースも狙うという攻撃面と、手に端牌のを内蔵しておく守備面とを兼ねた、味な一打だ。

2巡後、

「ポン」

寿人から放たれたドラを小林がポン。待ちでテンパイだ。役牌仕掛けの優秀なところは、このあとさらに待ちを変えられる可能性があるところだ。実際変えていたかは微妙なところだが、引きのシャンポン、引きやポンからの単騎受け変え…色々と融通が利く。

結果は、テンパイした萩原からが出てこの形のままで出アガリ。

1000点コース本線だった手を、守備力もキープしつつ8000点に仕上げた小林。「ラッキーでした」と謙遜する小林の声が聞こえてきそうだが、アガれるルートの中で高打点を逃さない、小林の嗅覚の鋭さを感じる1局だった。

 

11月6日(火)2戦目

次の局も小林は役牌を1鳴き。

小林にとって役牌は、誰も奪えない心の翼だ。

現在ラス目の小林、自風のをポンして…

。赤とドラが確定しているこの手。しかも供託が2本ある1本場だ。役牌は鉄ポン、いやオリハルコンポンするしかない。

…正しい用語を使いましょうという小林の声が聞こえてくるようだ。

2巡後、

ドラのを引き入れた。これはかなり満貫が期待できる手格好だ。による1ハンに頼らなくてもよくなったので、役牌を潰しておく意味でも打

 

「ポン」

しかし、このを親のたろうがポン。

で12000のイーシャンテンだ。こちらのほうがさらに整った勝負手だ。

数巡後、小林は、

この牌姿になった。小林の選択は…

計算中…計算中…河を見てじっくり考えたのち、

切ったのはなんと!平面で考えて、ドラを使い切るのが狙いなら打だろう。

しかし、小林は河から2つの情報を得ていた。

1つは、を仕掛けている親のたろうが真ん中の牌からの派手な切り出しをしていて、かつ、手の中からのターツ落としをしてきたことだ。かなりテンパイが近い状態、もしくはテンパイが入っているかもしれないくらい煮つまった状況。カンが残るようなソウズの愚形待ち(を残して引き)を拒否したカタチだ。たろうに危ないソウズの先打ちをする狙いもあるだろう。

もう1つは、全員の河にマンズが安いことだ。しかも上家の白鳥は前巡にを手出ししている。待ちは絶好で、かなり鳴きやすい部分だと判断したのだろう。

次巡、

白鳥が小林の狙い通りを切ってきた。

「チー」

小林はチーして、3900のテンパイを入れる。

切るのはもちろんドラの

たろう「ポン」

(!!!???)

 

ものすごく驚く小林。親のたろうにドラポンが入ったのだから無理もないが、それにしてもビックリしている。

このようにドラを見せつけることで、小林への足止めも狙ったポンだったが、

小林は、このをとらえる態勢にあった。

小林、最短ルートで3900は4200と供託2本、計6200点のアガリ。

ホッとした表情。

最初に取り上げた局とは対照的に、このように「打点を下げて他の人より一足先にアガる」のも小林は非常に得意だ。

我々は全員の手牌が見えているから一見何でもないことのように映るが、判断は物凄く難しい。

このを切った場面は、を切って満貫コースを狙いたくなる。しかし、を切った場合には、両面二つのイーシャンテンだったたろうに先を越されていた可能性もある。12000放銃の世界線もあったかもしれない。

4人の中でのアガリ最速を達成するために、打点が下がる可能性があろうとも速度を優先したのだ。絶妙な舵取りの1局だった。

この2局に表れているように、小林のセールスポイントは、「自分が人より先にアガれるかどうか」という相対速度の判断が優れているところなのだ。速度に余裕があれば打点を狙うこともお手の物だし、反対に速度を上げるために打点を削ることも出来る。また…

 

11月6日(火)2戦目

南2局の親の魚谷の仕掛けに対し、

このイーシャンテンの小林、

を止めてを抜いた。

自分がアガれなさそうなら、甘い牌は打たない。「速度的に間に合ってなさそうだ」という速度読みからの撤退もプログラムに搭載されているのだ。

どうだろうか?小林が役牌を一鳴きしての戦法を得意としているのは、相対速度読みというアガリへの嗅覚に自信があるからこそなのだろう。飄々とこなしているが、ものすごく難しい技術だ。私自身も、これからもっともっと小林の観戦をする中で、そのバランスを学んでいきたいと強く思う。

 

テーマ2  放銃時打点

 

にわかには信じられないのだが、2018Mリーグにおいて小林の成績は現在-68.3pt、負け越している。

アガリに関する数値は優秀だ。アガリ率は24.30%で2位、それでいて平均打点も7000点台と高めだ(数値は大和証券Mリーグ成績(非公式)様から引用させていただきました)。テーマ1でみたようなアガリの技術があるのだから当然とも言えよう。しかし、それでいてトップ率が低い。11.11%は21人中20番目の成績である。どうしてなのだろうか?

その原因は、トップがとれそうなときにとてつもなく大きな放銃をしているからではないだろうか。

これは皆さんの記憶にも残っているかと思うが、10月の開幕戦での園田への18000。

こちらは、同じく10月に、リーチ後松本に打った24000。

平均放銃打点7727点がワースト2位の数字になっているのもこのあたりが関係していると思われる。

どちらも大トップ目からの放銃だけに痛いが、前者は手が整っていたし、後者は開幕直後ということもあって素点を狙ってリーチしていた。ハッキリ言ってしょうがない。こういうこともあると割り切るしかないだろう。見方を変えれば、この2つのとんでもない不幸イベントの分だけ、個人とチームがマイナスになっているとも言えよう。記憶から消し去って、また年明けから、小林がよく口にする「いつも通りの打ち方」で頑張ってほしい。きっと成績はあとからついてくるに違いない。

しかし、こういう嫌なイメージは往々にして脳裏にこびりついてしまうもの。いかに鉄メンタルの小林といえども大丈夫だろうか…。

ふと、Mリーグ選手名鑑(竹書房)の小林の個人データを再び見てみると、こんなことが書いてあった。

【対局前のルーティン】  

覚えてない

 

【最も思い出に残っているアガリ】 

初めての将王を決めた、直撃条件のタンピン三色

(牌姿は覚えていない)

 

心配は無用のようだ。

ゆうせー
京都大学法学部卒の現役塾講師でありながら雀荘の店員もこなし、麻雀強者が最も集まる人気オンライン対戦麻雀「天鳳」でも全国ランキング1位(鳳南2000戦安定段位ランキング2018年5月現在)、麻雀界では知る人ぞ知る異才。「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」の著書であり、Mリーガー朝倉康心プロの実兄。

(C)AbemaTV