強すぎるぞ、松ヶ瀬隆弥!! 5和了0放銃のパーフェクトゲーム!! 個人1・2位を勝又と、風林火山がランデブー!!

強すぎるぞ、松ヶ瀬隆弥!!

5和了0放銃の

パーフェクトゲーム!!

個人1・2位を勝又と、

風林火山がランデブー!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕27日目、第1戦は松ヶ瀬隆弥EX風林火山)が、トップを獲得。開局から萩原がリードを奪ったものの、南場の親番で松ヶ瀬が大連荘して逆転。4本場まで積んで、6万点オーバーの大トップでフィニッシュ。松ヶ瀬が4勝目を掴んだ。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人セガサミーフェニックス茅森早香TEAM雷電萩原聖人、そして松ヶ瀬の4名。

開局から萩原が猛ラッシュをみせる。開局から5連続リーチをかけて、東2局のピンフ・ドラ1をハイテイツモで2000・4000、次局の親番ではピンフ・赤2をツモアガって4000オール。この2局を成就させて序盤は萩原がリードする。

しかし同1本場、ドラ1のペン【3ピン】待ちリーチは茅森に返り討ちに合う。【3ピン】をアンコにしたトイトイ・ドラ2・【中】のツモリ四暗刻のハネマンに放銃して、点棒は一気に均衡する。

東4局、萩原・佐々木・茅森の3軒リーチに松ヶ瀬が割って入る。14巡目に4軒目のリーチを宣言し、みごと萩原からリーチ・ドラ1の2600を討ち取る。

ここから松ヶ瀬の猛攻が始まる。

南1局、まずはリーチ・ドラ1・赤1の【2ソウ】【5ソウ】待ちを【赤5ソウ】でツモアガリ。ウラを1枚乗せて6000オール。

1本場は、茅森・萩原の2軒リーチをかわして、1300オールのツモアガリ。

2本場では、タンヤオ・赤2を茅森から討ち取って7700とリードを重ねて6万点オーバーの大トップに。

オーラスはピンフイッツーの3900点を萩原から仕留めた茅森が、2着に滑り込み。松ヶ瀬の4勝目、逃げ切りトップとなった。

松ヶ瀬はインタビューで、

「久しぶりにトップを取れたなという感覚だったので、うれしいです。僕がこれで(個人首位の)勝又さんに追いついて、次に勝又さんが僕を追い抜いてくれて… っていうのが一番理想的ですよね。そうしたらウチが優勝できるんで、その上で個人MVPがついてくれば一番いいです」

と語った。

【Result】
1着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 6万100点/+80.1
2着 茅森早香・フェニックス 1万8300点/▲1.7
3着 萩原聖人・雷電 1万3900点/▲26.1
4着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 7700点/▲52.3

【Total】
1位 EX風林火山 +592.0(27/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +197.4(27/90)
3位 赤坂ドリブンズ ▲19.8(26/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲42.3(26/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲54.8(26/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲161.8(26/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲186.0(27/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲324.7(27/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

詳細情報
EX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月18日の対戦はEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!