今年の私は一味違う!KONAMI麻雀格闘倶楽部 高宮まりの新しいスタイルとは【Mリーグ2022-23観戦記10/27】担当記者:ゆうせー

今年の私は一味違う!
KONAMI麻雀格闘倶楽部
高宮まり
新しいスタイルとは

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年 10月 27日

第1試合

東家:鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)
南家:近藤誠一(セガサミーフェニックス)
西家:岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ)
北家:高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

解説 河野直也  実況 日吉辰哉

まずは岡田のターン。

東1局

オタ風を2鳴きした岡田、

ピンズのカンチャンを外しながら進める。ホンイツにもトイトイにも要らない部分を、手牌から消去。

その後、【7マン】【3ソウ】をポンして、

しっかりとトイトイで決める。
【西】トイトイ、岡田の1300-2600のツモアガリでこの半荘はスタート。

東2局

今季の高宮は打ち筋を変えている。

4巡目、高宮の手番。

下家のたろうは【白】をポンした状態。さて、みなさんなら何を切るだろうか。

高宮が選んだのは、

【1ピン】だった。

今季、高宮はこのように「字牌を1枚残しながら手を進める」ことが非常に多くなった。

ここでは、【南】を持って他家の攻撃に備えつつ、ペンチャンを外すことで「価値ある手、好形の待ち」を求める意図が感じられる。

「前に出るための事前準備を整える」意識が高くなっているのではないだろうか。

数巡後、

残した【8ピン】からリャンメンを作り、ここで【南】をリリース。

岡田からの先制リーチを受けるも、

「リーチ」

テンパイを入れて高宮が追っかけた!

いきなりアツいめくり合いとなる。

勝つのは岡田か?

高宮か?

「ロン」

岡田だ! リーチ、1300の出アガリを決める。

続く東3局、高宮は7巡目に、

【7ピン】とする。【7ピン】は手組みとしては残したい牌であるが、やはりお守りとして【北】を持ちながら進む道を選んだ。【北】の他に受け駒を持っていないことが大きそうだ。

次巡、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!