松本、多井を奮い立たせ、渋谷ABEMASの危機を救ってくれたのは…⁉︎【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Fri】

松本、多井を奮い立たせ、

渋谷ABEMASの危機を

救ってくれたのは…⁉︎

文・危険な鬼太郎【遊軍ライター】2019年1月11日

 

1月10日に行われた試合でABEMAはまさかの2連敗。一時期は400ポイント近くありダントツでリーグをリードしてきたが気づいたら連続ラスでもう6位。

試合数も残り20試合少々の中でチームの危機を救いに向かったのは最年少Mリーガーでした。

【一回戦】

今年絶好調男の寿人がこの形から中を加槓

多少は迷ってもいい順目だとは思うが、単純に自分のツモと打点を上げにかかる寿人らしい迫方だと思う。

その槓を受け魚谷が

をスライドさせてのリーチ。

さして自身の無いカンではリーチはしたくなかっただろうが、裏ドラを二枚見る貴重なチャンスを得たので積極的にリーチとした。

この積極的な攻めに困ったのは親の松本。

全員に対して完全安牌が無く、魚谷の現物で寿人の中筋のを切ると

手替わりしていた寿人に放銃。

嫌な放銃だと感じる人もいるだろうが、私は凄く良い放銃だなと感じた。明らかに高いであろう魚谷のリーチを3200点の失点で凌いだのだから。

その後、南一局でたろうとのリーチ合戦に勝ち

12000のリードを貰う。パブリックビューイングに来てもらっているファンの為にも3連敗は許されない!

そんな熱い松本の気持ちがこもったかのような見事なアガリだった。

続く二本場では、松本のカンチーに負けず魚谷が自風のをポン!ソウズをぶつけていき

ドラ3のマンガン聴牌。

その魚谷のをチーし、親の松本も

のシャンポン聴牌。

この手をアガレれば、ほぼ松本のトップが決まるので降りずに攻め抜くと思いきや

このを切り、受けに回った。

自分の待ちのが1枚ずつ切れていて待ちが弱いのもあるが、降りた理由は魚谷の高打点が読み切れたからであろう。

明らかにホンイツ仕掛けの親の対して、何故魚谷がソウズをぶつけられたのか?それはドラが2枚ないしは3枚あるマンガン手じゃないとありえない。

魚谷という打ち手が信頼に足る打ち手だからこそ、ここでマンガンを放銃してはトップにはなれない。苦渋の降りだが、なんと冷静な判断だろうか。

オーラスもアガリ切ってチーム2連敗の悪い流れを断ち切り、チーム最年長の多井にバトンを渡した。

 

いつもの余裕のある表情ではなく、キリッとしている。カッコいい漢の顔だと思う。

【二回戦】

東2局、多井の先制リーチに対して寿人が追っかけリーチをかけるが、多井が勝ち切る。

こういっためくり合いの勝負ではABEMAは負け続けていたイメージがあるが、今日は違う。

裏ドラをめくる際にも思わず力が入る。

全てはファンの為に!チームの為に!

東四局でも多井は勝負をかける。

が一枚切れならば多井はなどを打ち聴牌を外すのかな?と思いきやノータイムでのリーチ。

が自分の目から3枚見えており、寿人の第一打がなのでを持っていないという判断だろう。

多井は自分の麻雀の事をピヨピヨ麻雀だと例えているが、これはもうヒヨコではない。ニワトリぐらい覚悟のいるリーチだ。

親の園田からリーチをかけられるものの

をツモアガリしてかつ、大きな裏ドラも乗せる2000-4000!

これまでの不運を一変させるほどの大きなアガリだ。

南一局、園田が面白い一打を見せる。

多井がを切っての先制リーチ。

のトイツ落としだけにシャンポンのケアも薄れるリーチだ。

そのに園田がチーの声

カン待ちのメンゼン聴牌を入れていたが喰い伸ばし。無筋のも勝負していく。

現物は合わせて3枚あるが降りきれるかどうかも分からない。しかもこの多井のリーチが決まってしまえば、自分の親が残っているとはいえ多井のトップが堅いものになる。

だったら一発を消し、自分のアガリを優先させる。園田らしい合理的かつ大胆な魔法。

結果は佐々木がを掴み多井に放銃。

そして多井トップで迎えたオーラス。

耐えに耐え続けた茅森に逆転の聴牌が入る。

カンの三色ドラ1。多井から出るかツモアガリでトップだ。

多井の手にが浮いており、時間の問題だなと思っていたら茅森に手替わりのチャンスが

多井を逆転する条件は満貫ツモ。もし待ちでリーチをかけたら裏1条件になってしまう。

私は茅森はカンで続行すると思っていた。その根拠としては

①打点が待ちだと足りず、裏ドラ条件になる

②親の園田や寿人からが出た場合、山越しロンがしやすい席順であること

この二つからダマだと思っていたが

茅森の選択は待ちリーチ。

この選択をさせたのは園田が大きな要因であろう。カンで続行し続けていき、でアガリを逃し園田に連荘され、着順を落とすのは最悪だ。

それに園田や寿人からを見逃したとしても、多井がを持っていなかったらそれまで。だったら自分でツモりやすい待ちリーチをかけて決めてやろう。

数巡後、茅森がツモ宣言。

自分の選んだでのツモ。ではなかったため、裏1条件。どうなる…?

裏ドラは發…。1300-2600止まりで逆転はしなかった。

これを間違った選択だとコメントで批判されていたが、私は全くそうは思わない。今回のケースで言えばたまたま多井はを浮いている形で持っており、放銃しそうではあったがそうではないケースのほうが多いはずだ。

そして親の園田から反撃を受けて着順ダウン。Mリーグを観ているみなさんならば、何度も見て来た光景だろう。

しかし凄いのは多井だ。多井はインタビューで勝てた要因をこう言った。

「女の子からのお守りを受け取り勝てた!」

麻雀のイメージはMリーグによって変わりつつある。昔は麻雀と言えば酒、タバコ、ギャンブルといった暗い面が目立っていたが、こうやって子供たちが熱中して観れる競技になった。

Mリーガーが活躍すればするほど、子供たちの将来の夢が麻雀プロだという子が増えることを願っている。

そして麻雀というゲームが今後どう進化していくのか注目しつつ、筆をおきたいと思います。

 

危険な鬼太朗
小説家に憧れる中で、競技麻雀に惚れ込んだ二十代。視聴者と一緒の視点に立ってわかりやすい記事を書いていきたい新人ライター。ツイッターはこちら→危険な鬼太郎