タカハルの落涙から一年 今年は4人で勝つ! 白鳥翔、決意の真っ向勝負【Mリーグ2021-22ファイナル観戦記4/19】担当記者:ZERO/沖中祐也

タカハルの落涙から一年
今年は4人で勝つ!
白鳥翔、決意の真っ向勝負

文・ZERO/沖中祐也【火曜担当ライター】2022年4月19日

取りこぼせない半荘

「6000オール」

開局早々、親ッパネをツモった白鳥だったが…

素直に喜んでいる感じではなかった。
テンパイしたのは1巡前。

切る牌は【7ソウ】以外にないが、白鳥はリーチを打つか一瞬考えた。
上家と下家がソウズをバラ切りしており、自身が2巡目に【3ソウ】を切っていることからも待ちの【2ソウ】【5ソウ】【8ソウ】は絶好だ。この超がつくチャンス手を12000の出アガリで済ませていいものか…。

ただ同時にアガリ逃しも激痛となる。
10巡目と微妙に深くなっていたこともあり、白鳥はダマテンに構えた。その結果、すぐにツモって6000オールとなったというわけ。

6000オールは十分すぎる加点だが、東1局の6000オールは全くもってセイフティリードとはいえない。高打点が飛び交うMリーグならなおさらである。
リーチを打っていれば8000オールだったことを考えると、最良の結果に対しても一抹の不安を感じずにはいられなかったか。

ABEMASは崖っぷちに立たされていた。
あと10戦もあるから先は長いように感じるが、2チームをかわして優勝するのはそんなに簡単なミッションではない。ここでラスを引くようものなら、かなり苦しくなる。
その上で

半分近くのトップが必要なのだ。
取れそうなトップは絶対に取りこぼしてはいけない。
6000オールから始まったこの半荘、そういう意味では取りこぼせない半荘となった。

白鳥の長い戦いの幕開けである。

東1局1本場。

白鳥が決定打となりうる高め三色のリーチを打つも…

直後に追っかけてきた茅森が暗槓からのリンシャンで30006000のツモ。
はやくも3600点差となり、6000オール貯金がほぼ切り崩されてしまった。

焦点の一局

流局を挟んで迎えた東2局1本場。

白鳥はここから【3ピン】を切った。
牌図を見てみよう。

ドラドラのチャンス手だが【9ソウ】が2枚切られている。
そして3人とも【1ピン】を切っていることから、カン【2ピン】が良さそうに見える。

しかし、白鳥は見た目以上に【2ピン】が良いわけではないと読み、【3ピン】を切ったのだ。

「特に寿人さん(上家)の【5マン】トイツ落とし後の打【1ピン】なので、関連牌の可能性が高く、【2ピン】がトイツ以上であるケースが多い。また下家や対面の打【1ピン】も他の牌が切られた後なので決して【2ピン】を持っていないとは言い切れないと感じました」

相手の手牌を開けてみよう。

なんと、この時点で良さげに見えた【2ピン】は全員に持たれていて、空だった。
白鳥の読みが冴えわたる。

こうして

【中】を鳴いてカン【3ソウ】のテンパイを組むことに成功。
「このあとにドラの【2ソウ】をツモってカン【8ソウ】待ちになるのが最高形です。【3ソウ】はドラそばで自信がなかったけど、【8ソウ】は手応えがあったので。」

数巡後、カン【3ソウ】でテンパイを維持していた白鳥が顔をしかめる。

点棒的にライバルとなった対面の茅森からリーチが入ったのだ。

一発でつかんだ無筋の【6ピン】を押せるだろうか。
終盤、自信のないカン【3ソウ】待ち、安全牌は豊富にある…オリる理由はたくさん挙げることができる。

この時、白鳥の脳裏にはいろんな想いが駆け巡っていた。
まずはつい2日前に行われた、麻雀日本シリーズ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊!/