2連続トップでも不思議ではなかった…魚谷、茅森が抱える紙一重【熱論!Mリーグ】




熱論!Mリーグ【Fri】

2連続トップでも

不思議ではなかった…

魚谷、茅森が抱える紙一重

文・masasio【金曜担当ライター】2019年1月11日

 

1月11日。お正月休みも終わり、そろそろ通常モードに慣れてきたころだろうか。

皆様新年明けましておめでとうございます。本年も、選手の皆様に敬意をもって記事を書いていきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

さて、年末年始はMリーグもお休み。約2週間の間対局がなかった。

さぞかし手持ち無沙汰になるだろうと思っていたが、私の場合はそうでもなかった。

年末年始、対局がない間、観戦記者が各チームごとに選手の紹介記事を書くことになったのだ。

私はセガサミーフェニックス

(それぞれ記事はこちら→魚谷侑未、茅森早香、近藤誠一)

の選手を書かせていただくことになった。

いろいろな方に話を伺ったり、選手の方が書かれている本を読んだり、熱闘Mリーグを見返したり、もちろん対局も見返したりと、全くMリーグロスになる暇がなかったのだ。

おかげさまでなんとか書き上げることができ、まずまずの内容だったのではないかと思う。

もしまだ読んでない方がいらっしゃれば、是非ご覧いただきたい。

2018年を最下位で終えていたフェニックス。

新しい年になって巻き返しをはかりたいところだったが、この日まで、3着4着4着2着と大ブレーキ。

 2018年を終えたときは、最下位とはいっても-174pt。4位のアベマズとは90ptほどの差で、まだまだこれからといったところだった。

ところが2019年に入って4試合経過して・・・

マイナスは大台の300を突破。4位の雷電との差も350ptを超えてしまった。

まだ20戦以上残っているので、逆転は充分可能だがちょっと離れてきたなという感じはある。最後の直線でかわせるように、まずは4位との差を100pt程度に縮めておきたいところだ。

このようなチーム事情の中、本日の先発出場選手は・・・

 

魚谷侑未だ。

前回登場時は4着、2着。

4着だった回は途中までトップ目だっただけに非常に残念な結果だった。

一部では迷いがあるのでは?と心配する声も聞こえてきている。

本人は否定しているが、調子が上がってこないのは心配ではある。

前回の雪辱を晴らすことができるだろうか。注目したい。

松本、たろう、寿人、魚谷の座順でゲームスタート!!

東1局

魚谷配牌

 

第1打からを切っていった。

これは仕掛けていくというよりも、どちらかというとメンゼンでリーチを打とうという選択だろう

実際直後に打たれたもスルーしている。

魚谷は仕掛けが多い打ち手だが、スピードも打点も不満ということだろう。

巡目が進んで

 

目論見通りメンゼンでテンパイ。

しかしリーチは打たずにダマに構えた。

消極的にも思えるが、たろうが2フーロしておりソーズのホンイツまっしぐら。

さらにを鳴いている寿人も手が進んでいそうで警戒したのだろう。

この辺りはかなり慎重に打っているように感じた。

しかし次巡、寿人がを加カンすると、を入れ替えてリーチ!

裏ドラが2枚見れるなら・・ということでリーチに踏み切った。

しかしアガッたのは

 

この形から魚谷のリーチに無筋のをたたき切った寿人だ。

松本から、魚谷の現物が零れて3200

このところ調子を上げている寿人。今日も手ごわそうだ。

 

東2局

魚谷の手がいい。

順調に手牌を内に寄せて