川原舞子、女流桜花に最強戦…今年最も旬な女流プロ

川原舞子

初タイトルは女流桜花

女流桜花

川原舞子(かわはらまいこ)は日本プロ麻雀連盟に所属するプロ雀士である。

2012年、日本プロ麻雀連盟プロテスト合格(第28期)、夕刊フジ杯やさかえ杯などの映像対局で活躍。
2020年、女流桜花決定戦進出。決勝メンバーは古谷知美・仲田加南二階堂亜樹
この3名を破り待望の初タイトル第15期女流桜花を獲得。
2021年、麻雀最強戦2021女流チャンピオン決戦 優勝。各団体のタイトルホルダーを抑えファイナルへ駒を進めた。

関連記事:オーラスの逆転劇よ再び 団体を背負って戦い勝った、女流桜花・川原舞子 麻雀最強戦2021「女流チャンピオン決戦」観戦記【決勝卓】

関連動画:麻雀最強戦2021女流チャンピオン決戦を夫婦で検討会【川原舞子・古橋崇志】

東京理科大学出身。対局番組では、同じ理系女子の黒沢咲とチームを組んで戦ったこともある。
麻雀中に真剣になるあまり変顔になってしまうことが話題だったが、最近はやや抑えられている。

川原舞子 プロフィール

川原舞子

 

生年月日 1989年8月29日
出身地 愛知県
プロ入会 2012年
所属プロ団体 日本プロ麻雀連盟(28期生)
SNS Twitter:川原舞子

 

川原舞子 タイトル歴

第15期女流桜花

麻雀最強戦2021女流チャンピオン決戦 優勝

  • 川原舞子

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!