原佑典(はらゆうすけ)、皆に愛される人気者がつかんだ大舞台への切符

原佑典(はら ゆうすけ)は日本プロ麻雀連盟に所属するプロ雀士である。

通り名は「指一本で有名になった男」

1986年1月29日生まれ。
7歳のころ、父親がやっていたゲームで麻雀に出会う。
15歳から18歳まで、オーストラリア・アデレードに留学、英語を学ぶ。
帰国後、進学するがアーケードゲームで麻雀との再会を果たし、その道を志すようになる。

2013年日本プロ麻雀連盟入会(29期後期)。同期には東城りお等がいる。

尊敬するプロ雀士は伊藤優孝。
同団体の本部道場に勤務し、麻雀普及に努めている。
通り名の由来は、指を一本指した「原ポーズ」で自身がSNSで話題になったことから。

雀士は高打点思考の守備型。
麻雀最強戦2021全日本プロ選手権では補欠から勝ち上がり、放送対局史上初である門前清老頭をアガリ決勝進出。決勝戦も勝ち上がりファイナルへと駒を進める。

関連記事:メンゼン清老頭炸裂! 激しいぶつかり合いの中チャンスを待ち続けた男がついに掴み取った女神の前髪 麻雀最強戦2021「全日本プロ選手権」観戦記【B卓】

 

原佑典 プロフィール

生年月日 1986年1月29日
出身地 静岡県
プロ入会 2013年
所属プロ団体 日本プロ麻雀連盟(29期生)
SNS Twitter:原佑典
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!