近藤誠一が祈るようにめくった最後のツモ…技術と執念が生んだ壮絶なドラマの結末 麻雀最強戦2020「ファイナル2ad」観戦記【A卓】

しかしそこに本田が国士無双イーシャンテン。役満に縁がある男はここぞというところできちんと手牌を入れてくる。

このに敏感に反応した多井。ここは聴牌からチーして待ち変え。シャンポン部分の待ちがもう少し良ければしない選択も十分にあるが、今回は上家の本田も明確に押してきているため、単純に見た目枚数が多い両面に分があると見た。待ち変え仕掛けとしてはよくある形だが、ほんのり盲点にもなりやすい。

これが本田の聴牌する牌であるを食い流す。もちろんただの結果論だがこの一牌の選択の差でどうなるかわからないが麻雀の妙。

見事多井がアガり切り、リードを重ねる。本田は食い流れたのが目に見えて分かったばかりに悔しい思いだろう。

【東3局2本場】

この局は新津が先制、ドラこそないものの両面リーチ。2巡目に切ったが効いている。

この形からを切っていた。シュンツマスターの技あり聴牌。ここからの逆襲かと思えたが……

待ったをかけたのは本田。こちらは両面ドラ1のリーチだ!

これをなんと一発ツモ!マンガンの上りで多井を捲ってトップ目に立った!

【東4局】は多井が仕掛けて聴牌を入れるも、親の近藤のリーチに降り。近藤と本田の二人聴牌。

続く【東4局1本場】では多井が仕掛けて本田から1000は1300。本田としても悪くない局消化。上位二人の卓回しで局が進んでいく。

【南1局】、新津に取っては最後の親番。6巡目に近藤からリーチを受けるも、これを何とか仕掛けて躱す。2900+リーチ棒の収入。

【南2局】

近藤がを仕掛けてこの聴牌までたどり着く。この時離したドラを……

新津がチー。限界まで789の三色を追って河を作っていたが、近藤の仕掛けに速度を合わせるために鳴いた。そして切ったを……

近藤がポン。これで待ち。

 VS 待ち、これがこの時点で山に7枚 VS 3枚。とはいえ降りられない新津はこれを放銃したら親落ち+残り局でマンガン2回以上と枚数以上に厳しい捲り合い。

新津の卓に入り込むような姿勢で、盲牌されたその牌は……

近藤の当たり牌だった。

ここからは毎局マンガン以上のアガリを目指すこととなった新津だが、まだ終わりではない。

とはいえ三つ巴の様相を呈してきた状態で、南2局が始まった。

【南2局】

をポンした近藤がを引いてここから打。この手で1000~2000の安手で局を消化することはしない。ホンイツでのマンガン一本道の両面落としだ。

そこに立ち向かうのは新津。ここでターツ選択だが……

場況がよくて打点に直接絡むカンを残して、近藤に真っ向勝負のピンズ両面落とし。腹をくくってこのターツに自身の行く末をゆだねた。

両面落としで魂のリーチ。これが山に2枚生きていたが……

無情にも他家に流れていった。なら1000・2000からのツモアガリだったというのはあまりに結果論だろう。

【南3局1本場】は多井が2900のアガリで連荘し、瞬間本田の上に立つ。オーラス1着でいるか2着でいるかは大きな違いだ。

【南3局2本場】

最初に動いたのは近藤。この形からをポン。マンガン級のソウズのホンイツのイーシャンテンだ。

ここに立ち向かったのは2着目の本田。このイーシャンテンから……

を切っていく。近藤はと余らせたソウズのホンイツだが、ここは勝負を決めに行く。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/