麻雀最強戦2015女流プロ代表決定戦・菊の陣A卓レポート

和泉、4年越しのファイナル進出!!

放銃上等、殴り合いのA卓
豊後の役満、石井の復活優勝で幕を閉じた女流プロ代表決定戦・桜の陣からはや3月。再びオンナの戦いが始まった。

A卓は攻撃型雀士が揃った。相手に攻め込まれても退かない展開をみたニコニコ生放送の視聴者からは「ヤンキー卓」を名付けられたほどである。

愛内「昨年は地蔵のまま負けたので、今年は全てのアガリに絡んでやろうと思いました」
bc88cf19c4d4e20856097335fd79fd7af1be44d2

その宣言どおり、愛内はドラ表示牌のカンpai_s_7p.jpg待ちで果敢にリーチ。
6243d4aaf21cc3cb1a04d76d8158cd87b97ce4f3

だが、強者同士の戦いは相手3人のうち誰かが必ず待ちをすり抜けてやってくるもの。今回は清水がやってきた。
f9b3ddb3b7c0806b01e5d31a23a63c23eb38c495

pai_s_3m.jpgpai_s_6m.jpg待ちのピンフで追っかけリーチ。これを一発で愛内から討ち取って元祖・イケイケ雀士の面目を見せつけた。
9c11aa2b65a2784218b9a36cd75499c85ba60ee5

逆に普段よりおとなしい印象を浮けたのが和泉である。
6bcdaed5bee7d6012792f1879bd8c427c39ef7b0
役なしドラ1のペンpai_s_3s.jpg待ちテンパイを入れたがリーチはかけない。
428fe25abe01b674a7f822789a1808e7f9f76a80
すぐにpai_s_3s.jpgを引いて500・1000のアガリとなった。後で和泉に理由を聞いたところ、
和泉「あ、ツモっちゃったかーって感じ(笑) リーチも考えましたが、リーチドラ1のペン3とか美しくないなと。マンズ伸びないかなーと思ってました。」

美しくない、というコメントが和泉らしい。ただ、リアルタイムでみているときは弱気なのかな、と気になった。頭取りと二着勝ちあがりのトーナメントでは戦い方が違って当然とはいえ、慎重すぎても勝ちきれないからだ。愛内の冒頭のコメントがまさにそれである。

東3局では愛内がドラのpai_s_2p.jpgを2枚持つチャンス手。だが、重たい形なので食いタンでのアガリを目指して動いていった。そこへ渡辺からpai_s_2s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_8s.jpg待ちのリーチがかかる。

直後、愛内が選択に迫られる。
54bcde187f530238826a526d6abbc883eda71816

pai_s_2p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpg pai_r_8s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_8s.jpg ツモpai_s_6p.jpg ドラpai_s_2p.jpg

ここでpai_s_2p.jpgpai_s_8p.jpgのシャンポンからカンpai_s_7p.jpgに待ち変え。だが、直後に渡辺からpai_s_8p.jpgが出てアガリを逃してしまった。

その直後、清水にもテンパイが入る。
37a89ababa517d897e3b07e8836a140501bfff3b

トップめだけにオリでも不思議でないpai_s_4p.jpgだが、清水は強気に勝負。ただしリーチはかけなかった。が、このpai_s_4p.jpgを押したぶん、次に引いたpai_s_7p.jpgにはブレーキがかからなかった。一度はアガリを逃した愛内がこのpai_s_7p.jpgを捉え、東パツの借りを半分返す格好となった。

だが、次局は清水が愛内から取り返す。
1e1361ded5c2a4bbfb91f3b1aaa88986030be611

もう完全に清水・愛内のバトルモード。攻撃型のはずである和泉・愛内が割って入れないほどやりあっている。だが、南1局で親を迎えた和泉がようやく先手を取れた。

a8cf03686632cd7834e8f50cffb5398809ee5240

テンパイの渡辺からpai_s_9m.jpg出る。裏ドラpai_s_1s.jpgが2枚乗って12000。和泉が清水をかわしてトップめにたった。

渡辺はこの形でpai_s_8m.jpgから先に処理したことでpai_s_9m.jpgが余り牌として残り、それが放銃に繋がった。
31d5ab432296d4df8f257e6cd05801c5150ca001

対局後、渡辺はこの切り順の是非について解説の片山さんに聞いていたが、これは運が悪かったとしか言いようがない。その渡辺は次局1300・2600をツモり何とか戦線へ踏みとどまっていた。

だが、次局の親で渡辺に逸機があった。
eb7bbf33ecc6e950ecb397797b48b32120aefc3e

南2局。親でタンヤオのテンパイを入れた渡辺。だが、ここでリーチをかけなかった。当然、狙いは345の三色である。だが、皮肉にも次巡、pai_s_5s.jpgをツモってしまったのである。即リーチなら4000オールだったのだ。

だが、ここで渡辺はツモアガリを宣言せず、pai_s_3m.jpgを捨ててフリテンリーチをかけた。pai_s_5m.jpgpai_s_8m.jpgツモでの大物手を狙いにいったのだ。だが、結果はふたたび宣言牌のpai_s_3m.jpgをツモ。2000オールどまりだった。
c45e33d416afc1d0a0ee54cccc83edcac5e4248d

渡辺「私の雀風だとあの手は三色を待ちたいのでpai_s_5s.jpgでの一発ツモ逃しは仕方ないと思いました。pai_s_5s.jpgツモならフリテンリーチをかけることも当然考えていましたし。pai_s_5m.jpgpai_s_8m.jpgを先に引けなかったのが敗因ですね。悔いはないです」

甘いと言われるかもしれないが、私はこういう打ち方が非常に好きである。牌が1つ変わっていれば渡辺が圧勝していたかもしれない。本当に麻雀は怖いゲームである。

その次局から愛内が立て続けに満貫をツモ。ただ、二発めのアガリには微妙なアヤがあった。南3局、愛内は123の三色カンpai_s_2p.jpg待ちでリーチ。それを受けた清水の手が止まる。
3ea9a6785f223dc95655034e12f77fdbafb2aa16

普段は強気の清水。最強ならpai_s_7m.jpg切りの追っかけだ。だが、2着勝ち上がりというシステムを意識したか、はたまた16巡目という深い巡目を考慮したのか、清水はpai_s_6p.jpg切りヤミテンという最堅の構えを選択。だが、直後に愛内からpai_s_8p.jpgがツモ切られる。

清水「あそこはpai_s_chun.jpg切り追っかけでしたね。弱気でした」

直後、愛内がpai_s_2p.jpgツモで一気にトップに躍り出た。2着めの清水が親かぶりで3着転落。
68be2a5e36a50bc4f0781a1ae50899c0030c15d9

オーラス。トップめ愛内から3着め清水の点差が4200点。愛内は親なのでツモられたら3着落ちがある。ただ、和泉もノーテン罰符で着順が落ちる可能性があるため、安穏としてもいられない。

そんななか、清水にテンパイが入る。
9a4de91397599f819a43ee6bdf02993ae5100691

ドラはない。リーチをかけても一発ツモなら問題ないが、それ以外は裏ドラ頼りになる。

4693a873b601f8cd5af55049bac5be806e77d16e
長考した清水は打pai_s_6s.jpgでテンパイを崩す。そして6巡目にpai_s_6p.jpgをくっつけて高めドラ待ちのリーチをかけた。

pai_s_1m.jpgpai_s_1m.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_9s.jpg ドラpai_s_8p.jpg

途中、ハネツモ条件の渡辺の手にpai_s_8p.jpgが暗刻となる。字牌がすでに枯れていてメンホンチートイツにしかなりそうにない渡辺はpai_s_8p.jpgをツモ切り。だが、そのpai_s_8p.jpgを捨てた渡辺の手が手元に戻るやいなや清水は光速でツモ山に手を伸ばしていた。
5860ea29888f19b54da8e0edd6697ed57a60cf86

最初からロンをかけるつもりは全くなかったようだ。清水のリーチは流れ、これで愛内と和泉の勝ち上がりが決定した。流局後、なぜか裏ドラが開けられていた。渡辺のpai_s_8p.jpgでアガっていれば清水は勝ち上がりだったようだ。それでも清水は自らの決断を悔いることなく、いつの間にか会場から姿を消していた。
05f71a15f3ecb24cb44e4762e0b1da0e5cc320b1