菅原千瑛 女流プロ代表決定戦に出場決定

文・木村由佳

1月3日、2016年の最強戦予備予選が始まった。

2016年最強戦の皮切りは、女流プロ出場枠争奪戦。これは、3月12日に予定されている「女流プロ代表決定戦」に出場する権利を争うものだ。

ちなみに、3月12日の女流プロ代表決定戦は、A卓には清水香織(プロ連盟)、和久津晶(プロ連盟)、豊後葵(プロ協会)、B卓には二階堂亜樹(プロ連盟)、石田亜沙巳(プロ連盟)、高宮まり(プロ連盟)、東城りお(プロ連盟)の出場が決まっている。

今回の「女流プロ出場枠争奪戦」はA卓の残りひとつの椅子を目指す戦いで、出場者は

愛内よしえ(プロ協会・第12回野口恭一郎賞)
上野あいみ(プロ協会・第9期麻雀女王)
松岡千晶(プロ連盟・初代最強戦ガールズ)
菅原千瑛(プロ連盟・2
代目最強戦ガールズ)

の4人。半荘2回で、トータルポイント首位の1名が、女流プロ代表決定戦への参加資格を得る。

1ae333c05f0202af7bc15d406dc90d0068214fc1

1回戦は起家から上野・愛内・菅原・松岡の並びでスタートした。
最初のアガリは愛内。
7d944959b1aea320d9b83f7f490e006ae7afba6b
7巡目にpai_s_3p.jpgをチー、8巡目にpai_s_9p.jpgをチーして純チャン三色の聴牌。同巡菅原もテンパイしたが、上野が愛内にpai_s_3s.jpgで3900を放銃した。

このときの上野の手牌は
pai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_pe.jpgpai_s_pe.jpgpai_s_pe.jpg ツモpai_s_5m.jpg ドラpai_s_9s.jpg
このイーシャンテンからの放銃について、上野は「親なので前に出た感じ。pai_s_3s.jpgが暗刻になることはないだろうから先に切ってリャンメン固定しておこうと思った。愛内がどこでテンパイしているかとか考えていなかった」と。
9fae8ed6f93bc2d912774fb5ff41a6cde0432648

(左は今年の最強戦ガール東日本担当優月みか、右は上野あいみ)

ピンズを二つ鳴かせて、チャンタも三色も警戒していなかったとは、愛内のことを甘く見すぎているのではないかと思うが、その後の上野は東3局の菅原のリーチなどには丁寧に対応して、手堅い麻雀を見せる。

しばらく小場の展開が続くが、1回戦の決め手となったのは南3局2本場。

スコアは
菅原31.2
松岡24.9
上野12.6
愛内30.3

(※このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。)

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です