近代麻雀プレミアリーグ後期決勝第2戦レポート

2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート

後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳滝沢和典鈴木たろう和久津晶の8名となった。

決勝2戦めは起家から達也・小林・和久津・寿人の並びでスタートした。
3057a44334873c481ea08250cb708c1adf2fe386

初戦トップの達也を逆転するための現実的な条件は、寿人・達也とトップラスかトップ3着なら無条件、トップ2着なら13100点差。小林はトップラスで10300点差、トップ3着なら30300点差、和久津はトップラスで42400点差。寿人を除く2人は、とにかく達也を3着以下に沈めないと話にならないという状況である。達也直撃が理想だが、山越しで達也を狙っても決まることは滅多にない。さらに、高い手が入ったとき達也以外から出た場合、アガらないわけにもいかないが、アガれば必然的に達也の順位が下がりにくくなり、結果的に自分の首を絞めてしまうことすらある。

そんな厳しい状況の中、まずアガリを決めたのが達也だった。
7dd70e87d80b59fc5ce72febbccd0c53662d1037

4巡目にpai_s_6m.jpgpai_s_haku.jpgのシャンポン待ちでリーチ。

東家・達也の手牌 pai_s_6m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_haku.jpgpai_s_haku.jpg ドラpai_s_haku.jpg

このpai_s_haku.jpgを持っていたのが前回2着の寿人である。
71fe2b3459834de6618bad504956a6ffe883d927

(※このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。)

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です