セガサミーフェニックス魚谷侑未が3連闘目のオーラスで見せた 類まれな胆力【熱論!Mリーグ/FS5日目】担当記者:ゆうせー

熱論!Mリーグ【FS5日目】

セガサミーフェニックス

魚谷侑未が3連闘目

オーラスで見せた 

類まれな胆力

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2020年6月22日

 

朝日新聞ファイナルシリーズ、5日目第9試合。

 

東家 多井隆晴(渋谷ABEMAS)

南家 岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ)

西家 魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

北家 石橋伸洋(U-NEXT Pirates)

実況 小林未沙

解説 渋川難波

東発の親番に、

多井が荒稼ぎ。このリーチダブ、7700は8900を含む計4回のアガリで、

持ち点は55000点を越える。

このまま南場まで進み、多井の独走に“待った”をかけたのが、

魚谷だった。南1局、多井とのリーチ合戦を制し、リーチドラ2600点とリーチ棒の1000点をもぎとる。

続く南2局

魚谷は早々にダブをポン。

4巡目には、

この形のイーシャンテンから、

を切ってリャンシャンテンに戻す。ドラの周りだけでなくを用いたリャンメンターツを望むことで、最終形が安定することを追った美麗な一打だ。

この手が、

ドラのを引き入れてイーシャンテンに。

さらに、

 

をポンしてテンパイを果たす。

そこへ、

岡田の親リーチが飛んでくる。

リーチ一を受けた一発目、魚谷がツモったのは、

ドラのだ!ダブ赤ドラ3で3000-6000のツモアガリ!

鬼気迫る表情の魚谷。

標的、フェニックスのアガリに困り顔の多井。

石橋は何を思うか。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!