チームの命運がかかる決死の差し込み! 天才・茅森早香の土壇場力【熱論!Mリーグ/FS5日目】担当記者:山﨑和也

熱論!Mリーグ【FS5日目】

チームの命運がかかる

決死の差し込み!

天才・茅森早香の土壇場力

文・山﨑和也【月曜担当ライター】2020年6月22日

いよいよMリーグも最終盤に入った。今回はファイナルシリーズ10試合目(22日の2試合目)の模様をお送りする。まずは上記の順位を見ていただきたい。フェニックスとABEMASとパイレーツがほぼ横並びの状況だ。もう残りは3試合しかなく、トップを取れば大きく優勝に近づく。この一戦の重要さがわかると思う。

ABEMASは多井が魂の連続登板。1試合目の奮闘の勢いそのままに優勝を狙う。パイレーツは朝倉が出陣。ファイナルシリーズで魅せた大三元のアガりが記憶に新しい。サクラナイツは大逆転を目指してドラフト1位の内川が出場した。

フェニックスはというと、エース魚谷……違う。頼れる男近藤……でもない。

茅森だ。

「おおっ」と思った。正直に書いてしまうと意外だった。

筆者はファイナルシリーズ1日目(15日の1試合目)の観戦記を担当したのだが、その試合でも茅森は出場していた。しかしパイレーツ小林の大トップ、多井の神守備からの倍満が目立って、茅森についてはほとんど触れていなかった。印象があまり残っていなかったのである。あまり実力が出せていないように感じたものだった。

ともあれ、対局が始まった。

東家 朝倉康心U-NEXT Pirates

南家 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

西家 茅森早香セガサミーフェニックス

北家 多井隆晴渋谷ABEMAS

東1局。茅森の手牌を見てみる。ドラが2枚あって索子のホンイツが見える手だ。これはなかなか楽しみが多い。

ゆったりと手を進めてこうなった。茅森はここで切りを選択。ホンイツは見切ってリーチを狙う構えをとった。手の中にドラが赤を含め4枚もあるので、ホンイツにこだわる必要がないと見ている。

その後、を暗槓し、狙い通りにリーチを放った。待ちの両面形に仕上がったのは手応えがあったに違いない。しかし山にはもう無かった。

とそこへ、多井に絶好のカンが埋まってテンパイに。

力強い手つきで追っかけリーチを放つ。待ちは。鉄壁の守備力を誇ることで有名な多井だが、なりふり構わずトップを狙いにいく別の顔もある。ファイナルシリーズならではの多井だ。筆者が同卓していたら漏らしてしまいそうな迫力がある。

筒子対決となった勝負はすぐに着いた。最初のツモで茅森の手にいたのは

リーチ一発ピンフドラに加え、裏が2枚乗って12000点の放銃となった。

茅森……シーズンの最後までこんな苦しい目に遭うのか。

思わずぎゅっと瞼を閉じた。普段振り込んでもあまり顔に出ない茅森だが、この時ばかりは痛みを覚えたか。仕方がない結果ではあるが、優勝争いの最中でこれは痛い。

東3局1本場。親番で巻き返したい茅森だったが、迎え撃つ3者は猛者ばかり。内川にまずテンパイが入った。ここはを切ってリーチせず。をツモれば両面に変化するので、それを見たのだろう。

朝倉はすでにを鳴いており、三色で茅森の親を流しにかかる。

多井もタンヤオで参戦。をポンして打とした。トップ目とはいえ緩まずに攻めかかる。

これを見て内川は次巡でをツモ切りリーチ。手替わりをした際に萬子を打ってしまうのであれば、もうリーチに踏み切ったほうがいいという判断か。多井も前に出てきてくれたので放銃の可能性も上がっている。

出遅れていた茅森。是が非でも死守したい親番だったが、この手格好ではまだ向かいづらい。

テンパイの朝倉は通っていないを持ってきた。

すると「ここからいろんな推理が入るんすよ」と解説の渋川難波プロの声が弾む。

少考の末ツモ切り。

「これ押したじゃないすか。『でヤミテンにする人いる?』っていう推理なんですよ」(渋川プロ)

ははあ、なるほど。これは勉強になる考え方だ。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!