思い出したあの頃の気持ち U-NEXT Pirates 朝倉康心の新たなる第一歩【Mリーグ2020観戦記12/3】担当記者:ゆうせー

思い出したあの頃の気持ち

U-NEXT Pirates

朝倉康心の新たなる第一歩

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2020年12月3日

“卓内で一番勝ちたいのは僕だ。”

彼の気持ちを汲み取るには、試合前に溢れ出たその一言で十分であった。

 

第1試合

東家 朝倉康心(U-NEXT Pirates)

南家 村上淳(赤坂ドリブンズ)

西家 黒沢咲(TEAM雷電)

北家 日向藍子(渋谷ABEMAS)

解説 渋川難波 実況 日吉辰哉

 

東1局は親の朝倉が先制リーチ。

まとった気迫とともに、

をツモアガリ。リーチツモの2000オールでまずは一歩リード。

続く東1局1本場

「リーチ」

村上からリーチが入る。

その直後だった。

「リーチ」

黒沢から追っかけリーチが!

 

勝ったのは、

黒沢だ!

リーチツモピンフイーペーコードラ、2100-4100のツモアガリ。

東2局

役牌の切り出しを遅らせて、狙い通りに自風のを重ねた朝倉。8巡目のチーから積極的に動く。

切った牌は、

だ。既にが4枚見え。をコーツ(3枚組)にすることも睨んで目一杯に。

その後、を引き入れて打。他三者が要らなそうな、残り2枚のでの出アガリを見据える。

そこへ、

日向からのリーチが飛んでくる。

朝倉がツモったのは、

だ。どうする…

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!