岡田紗佳、圧巻の6和了で快勝!! ABEMAS以下を引き離して、サクラナイツ首位を独走!!

岡田紗佳、

圧巻の6和了で快勝!!

ABEMAS以下を引き離して、

サクラナイツ首位を独走!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル7日目、第1戦は岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。開局の3軒リーチを親マンガンで制した岡田が、その後も猛攻。6回ものアガリを決めて、6万点オーバーの大トップ。サクラナイツはセミファイナル3勝目となった。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大TEAM雷電黒沢咲、そして岡田の4名。

闘いは3軒リーチから幕を開ける。南家の前原がイーペーコーのペン【3ソウ】待ちで先制リーチをかけると、西家の黒沢が【5ピン】【8ピン】待ちのピンフ・ドラ1・赤1で追いかける。

さらに親の岡田がイーペーコー・赤2、高めタンヤオ【6ピン】【9ピン】待ちで追いかける。この【9ピン】を前原が掴んで、岡田に12000点を献上。

ここから岡田の大逃げが始まる。同1本場、岡田が赤1の先制リーチ。【9ピン】【6ソウ】のシャンポン待ち。ツモれば三暗刻のこの手、3巡後に【9ピン】をツモって4000オールを加点。

東3局には、前原のリーチを受けてピンフタンヤオ・ドラ2・赤1をツモアガリ。3000・6000の大きなアガリを成就させる。

南1局の親番では【發】を鳴いて、ドラ1の【5ソウ】【8ソウ】待ち。リーチの黒沢から【8ソウ】を仕留めて2900とリーチ棒を上乗せ。

同2本場では、チートイツ・赤1の【2ピン】単騎待ちをリーチで村上から討ち取った前原が2着でゴールイン。0和了、2放銃の村上がラスに沈んだ。

他3者を大きく引き離した岡田が、セミファイナル1勝目を獲得。首位のサクラナイツが大きくポイントを伸ばす第1試合となった。

岡田はインタビューで、

「東パツの親番から、かなりいい手がバンバン入ってくれたのが最後まで逃げられた勝因ですかね。楽屋を出る前に、サイレンススズカのように逃げてきますって言ったのが、そのまま叶った感じですね(笑)」

と語った。

【Result】
1着 岡田紗佳サクラナイツ 6万6100点/+86.1
2着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 2万4600点/+4.6
3着 黒沢咲・雷電 5600点/▲34.4
4着 村上淳・ドリブンズ 3700点/▲56.3

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +376.7(9/16)
2位 渋谷ABEMAS +213.2(8/16)
3位 赤坂ドリブンズ +124.9(9/16)
4位 EX風林火山 ▲109.5(8/16)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲120.0(9/16)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲154.6(9/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ7日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月22日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!