佐々木寿人、セミファイナルでついに魔王が覚醒!! 最高スコアを更新する100ポイント超えでチームは4位に!!

佐々木寿人、セミファイナルで

ついに魔王が覚醒!!

最高スコアを更新する

100ポイント超えでチームは4位に!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル7日目、第2戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。開局、園田から親マンガンを仕留めた佐々木が、不調を吹き飛ばす超特大のトップで最高得点記録を更新。第1試合の岡田を凌ぐ、実に7度のアガリで麻雀格闘倶楽部を4位に牽引した。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾TEAM雷電萩原聖人、そして佐々木の4名。

東1局、ノミ手の仕掛けの園田から、親の佐々木がチートイツ・ドラ2・赤1の12000点を討ち取り。ここから伝説となる試合が始まった。

東2局5本場、佐々木は【6ソウ】【9ソウ】待ちでリーチをかけてタンヤオとなる【6ソウ】をツモアガリ。ピンフ・ドラ1・ウラ1の3000・6000。

南1局の親番では、ドラの【9ピン】をアンコにした【4マン】【7マン】待ちでリーチ。堀の追いかけに遭うが、お構いなしに【7マン】をツモアガリ。4000オールを加点して6万点オーバーに。

同1本場では、赤2のカン【4マン】待ち先制リーチを一発ツモ。ウラを乗せての6000オール。ついに8万点オーバー。

南1局2本場、早々に【3ソウ】【6ソウ】待ちリーチをかける佐々木に、園田が【3ソウ】【中】のシャンポン待ちで追いかけて、【3ソウ】ツモアガリ。1000・2000でようやく怖い佐々木の親を落とすことに成功。

しかしその後も佐々木の猛攻は止まらず、リーチで他家に襲いかかる。5200点のツモアガリの後、オーラスはダブ【南】・ドラ3・赤2の3000・6000でフィニッシュ。

自身の持つ最高得点記録を塗り替える、9万8200点という特大スコアで麻雀格闘倶楽部を4位に引き上げた。

佐々木はインタビューで、

「前回は取りこぼしたような3着だったんで、非常に気分はいいです。僕が頑張らないとチームが浮上していかないので、今日のトップは大きかったと思います」

と語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 9万8200点/+118.2
2着 園田賢・ドリブンズ 8100点/▲11.9
3着 萩原聖人・雷電 ▲1500点/▲41.5
4着 堀慎吾サクラナイツ ▲4800点/▲64.8

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +311.9(10/16)
2位 渋谷ABEMAS +213.2(8/16)
3位 赤坂ドリブンズ +113.0(10/16)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲1.8(10/16)
5位 EX風林火山 ▲109.5(8/16)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲196.1(10/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ7日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月22日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!