多井隆晴、連闘戦勝!! ABEMASが天王山で完全勝利を収める!!

多井隆晴、
連闘戦勝!!
ABEMASが天王山を
完全勝利!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の82日目第2戦は、多井隆晴渋谷ABEMAS)がトップを獲得。

試合は東4局までアガリが出ない重い展開。均衡を破って多井がトップに立つと、多井は鋭い読みの冴えをみせてそのままトップ逃げ切り。多井が連闘2連勝、ABEMASがボーダー争いから頭一つ抜けた1日となった。

2回戦の対局者は、U-NEXTPirates・朝倉康心赤坂ドリブンズ園田賢EX風林火山勝又健志、そして多井隆晴

開局から東3局3本場まで、すべて流局で迎えた東4局4本場。供託リーチ棒が4本という、だれもが是が非でもアガリたい状況。ドラが1枚の手でリーチをかけたのは多井。のシャンポン待ち。園田と勝又も鳴いてテンパイ。三者の捲り合いとなり、結果は多井のツモアガリ。高めをツモって2000・4000の4本場。リーチ棒4本を回収して、連勝へ一歩踏み出す。

南2局2本場、勝又がリーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・赤1の2000・4000。

南3局、多井がピンフイーペーコーのリーチをかけて、2番手の勝又が一発放銃。マンガンを加点。

オーラス、朝倉の形式テンパイの仕掛けを見抜いた多井が、カン待ちでリーチ。終盤役無しでアガリの形になった朝倉が、多井のスジを頼って雀頭のに手をかけて試合終了。「(朝倉が)を切ったのを見てがトイツかもしれないと思った」と多井は後に語った。

勝利者インタビューで多井は「やっと笑えますね。今日はやりました、と言えます。東1局のマンガンを空振ったときは、所詮こんなもんか… と思いましたが、まじめに勉強してきてよかったです。たまにはいいことありますねと語り、笑顔を見せた。

【Result】
1着 多井隆晴・ABEMAS 4万5700点/+65.7
2着 勝又健志・風林火山 2万4900点/+4.9
3着 園田賢・ドリブンズ 1万6500点/▲23.5
4着 朝倉康心・パイレーツ 1万2900点/▲47.1

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +422.4(82/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +152.2(82/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +87.5(82/90)
4位 TEAM雷電 +51.1(82/90)
5位 渋谷ABEMAS +42.7(82/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲78.0(82/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲222.5(82/90)
8位 EX風林火山 ▲475.4(82/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

2月24日の対戦は
Pirates vsドリブンズvs風林火山vsABEMAS

キャスト

U-NEXT Pirates
赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS
実況:小林未沙
解説:岡田紗佳
沢崎誠
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ2019 U-NEXT Pirates vs赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMAS

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!