「俺たち渋谷ABEMASが勝つ」勝利に飢えた多井隆晴が放つ 魂の役無しドラ無し愚形リーチ【Mリーグ2022-23セミファイナル観戦記4/10】担当記者:徳岡明信

渋谷ABEMASが勝つ」
勝利に飢えた多井隆晴が放つ
魂の
役無しドラ無し愚形リーチ

文・徳岡明信【月曜担当ライター】2023年4月10日

約3週間のオフシーズンを挟みいよいよ始まった
22-23シーズンセミファイナルシリーズ

第1試合終了時点での成績はこちら。

セミファイナル初戦の第1試合、激しい乱打戦の中で見事勝ち抜いたのはKONAMI麻雀格闘俱楽部の佐々木寿人だった。

上位2チームのみプラス域にいる状況だ。
3位の渋谷ABEMAS以下4チームはほぼ差は無く、どのチームも早い所抜け出してしまいたい所だ。

KONAMI麻雀格闘俱楽部、EX風林火山が更なるリードを積み重ねるか、
はたまた渋谷ABEMASU-NEXT Piratesが追いつけ追い越せと奮起するか、

ファイナル進出を目指して各チーム20試合の短期スプリント戦。
各チームが熱い火花を散らす。
初日、その火種となるチームはどこだ!

第2試合
東家:鈴木優 (U-NEXT Pirates)
南家:高宮まり (KONAMI麻雀格闘俱楽部)
西家:松ヶ瀬隆弥 (EX風林火山)
北家:多井隆晴 (渋谷ABEMAS)

東1局からこのゲームの激しく火花を散らす展開となった。

親の優がタンヤオ確定のイーシャンテンに受けて打【9ソウ】とする。
高宮と松ヶ瀬が【3ソウ】の切りが早く【2ソウ】が狙い目に見えている。

松ヶ瀬も【赤5ソウ】含みのタンヤオのイーシャンテン。
發のトイツ落としが入って場に緊張が走るだろう。

多井もドラの北がトイツのイーシャンテンだ。
この局、既に3人が価値あるイーシャンテンだ。
先にテンパイを入れるのは誰だ。

1番乗りは親の優だ。
【3マン】【6マン】が埋まって【2マン】【2ソウ】のシャンポン待ちとなった。
前述の通り【2ソウ】は狙い目の待ちとなっている。

多井も【6ピン】引きでさらにイーシャンテンが広くなった。【北】のポンテンも取れる形で押し返す準備は万端だ。

やはりスターはしっかり愚形から引いていく。
ド急所のカン【6マン】を埋めてテンパイ。

多井は優のスジである【7ピン】を切って【6ピン】【9ピン】【北】の変則三面張で追いかける。

松ヶ瀬もネックのカン【7ピン】を鳴けて【2マン】【5マン】待ちのテンパイを取る。
優と多井の2軒リーチを交わせれば大きい。
勝負手から交わし手に切り替えたがギリギリまで勝負していく。

早くもぶつかる3者の手、この局を制したのは…

多井だ!
ド高目の【北】を引き当てて3000/6000のツモアガリ!

第1試合、悔しい3着であった松本吉弘の仇を取る為に絶好のスタートダッシュを切った。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/