盾vs盾の行方…近藤千雄と仲林圭が見せた攻守のバランス 麻雀最強戦2020「鉄壁のディフェンスマスター決戦!」観戦記【B卓】

盾vs盾の行方…

近藤千雄と仲林圭が見せた

攻守のバランス

【B卓】担当記者:危険な鬼太郎 2020年7月26日(日)

鉄壁のディフェンスマスターという名前の対局ではあるが、B卓のメンツはA卓に比べるとあまり守備に寄っているいるとは思わない。

攻守のバランスが優れている四者だと思う。

今回はどういう時に攻撃的な麻雀をするのか?逆にどういう時に守備的な打牌をするのか?を学ぶのに打ってつけのメンツだ。

予選B卓

近藤千雄

皆様の記憶にはまだ残っているだろうか?2016年の最強位決定戦で最速最強の多井隆晴を破って最強にまで上り詰めた男だ。

元々、天鳳でも名がしてれているプロで元十段の実力者。ネット麻雀と競技麻雀で培ったバランス力には定評がある。

仲林圭

仲林は2019年の決勝戦にも残っている選手で、皆さまの記憶にも残っている人も多いはずだ。小島よしおに似ているという理由で、本人から応援のビデオレターを貰って話題にもなった。

インタビューでもかなりのビッグマウスが目立つ仲林。「守備の論理的思考が出来てないプロが多い」と語っていた。自分の麻雀にそれだけ自信があるからこそ出てくる言葉だと思う。

HIRO柴田

インタビューで物騒な事を言っていた柴田。

今大会に出ている8人の中で唯一タイトル獲得経験がないのが柴田だというのが驚きだ。数多のタイトル戦の決勝に残っているのにもかかわらずあと一歩届かない。

その感性と鋭い読みを両立させた麻雀は誰にも真似できないもので、プロの間でも非常に評価が高い打ち手だ。

金太賢

日本プロ麻雀協会の最高峰のタイトル、雀王のタイトルを2連覇し、そのタイトルを保持したまま最強戦でも優勝し二冠になった男。

金は自分の麻雀の事を「守備型」だと言っていたが私にはとてもそうは思えない。かといって攻撃型でもない。何とも表現しにくい麻雀を打つ実力派麻雀プロだ。

元々の実力と、近年のタイトル獲得数により現役最強雀士に彼を押す人も少なくはない。

【B卓】

東1局

親の金がかなり積極的に場に2枚目のカンをチー!

「まだ5順目なんだし、そんなに焦らなくても…」

と思う人もいるだろうが、この手牌はメンゼンで進行してもかなり安い手になりやすい上に愚形になりやすい。

はまだ2枚目だがこれでひとまず三色の役は確定するし、伸びれば純チャン三色の5800まで見える。

さらに5順目に2枚目のカンをチーした金は他家から相当不気味に見える。そんな親の金に対して強い牌を切る相手は…かなりテンパイが近いか勝負手だというのが分かりやすい。

そして近藤がテンパイ。

のシャンポン待ちだが、ドラが。待ちは良くないが打点的にはリーチを打ってもおかしくはない所だが、

近藤はほとんどノータイムで打のテンパイ取らず。のシャンポンでリーチをした場合、の待ちは良いがはドラがなのですこぶる悪い待ちだ。

片方の出アガリが期待できない待ちならば、このマンズの四連係とソウズの四連係を活かしてリャンメン以上の待ちを作りたい所。

近藤はその後、最高のを引き入れピンフドラ1でリーチを打つと。

これをあっさりとツモアガリ。リーチツモピンフドラ1裏1の2000-4000。巡目と待ちと打点のバランスをうまくかみ合わせた素晴らしいアガリだ。

東2局

柴田が不思議なバランスのテンパイ取らずをする。

を切ればの高目ピンフ一盃口のリーチを打てるものの、これを拒否。打とする。

場面としては、役牌のをポンしている上家の仲林に少しピンズが高いぐらいでさほど恐れる場面でもないと思う…が、柴田はこの手牌をメンタンピンツモ一盃口ドラ1の跳満まで伸ばしたい構想はあるはずだ。の景色が悪くないからこそ冒険する価値はある。

柴田はアガリ逃しのを引き、打のメンタンピン高目ドラ1のリーチを打たない。

かなり不思議なバランスに見える。打点を見続けてテンパイを取らなかったハズなのに、打点があるテンパイに仕上がってもリーチを打たない。かなり不思議なバランスだ。

その隙を縫って、親の近藤が先制リーチ!

ソウズのの景色はすこぶる良い。下家の仲林はピンズが高い捨て牌でソウズは使ってなさそう。対面の柴田は逆にソウズをたくさん序盤に切っていて持ってなさそうだ。これほど場状が良い待ちはなかなかない。

このリーチを受けて困ったのが仲林。

親リーチの一発目に持ってきたのが、本命筋の。こちらもホンイツドラ1の8000点のカン待ちテンパイなので押したいが…いかんせん親リーチの一発目。

「2着勝ち上がりでもし、近藤にこのを一発で放銃すれば12000と言われる可能性は高い。そうなれば敗着打になりかねない」

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!