佐々木寿人、攻めに攻めてセミファイナル初トップを奪取!! 麻雀格闘倶楽部、一気に2位浮上!!

佐々木寿人、
攻めに攻めてセミファイナル
初トップを奪取!!
麻雀格闘倶楽部
一気に2位浮上!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の3日目第1戦は、佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)がトップを獲得。

1回戦の対局者は、渋谷ABEMAS松本吉弘KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳U-NEXT Pirates朝倉康心、そして佐々木。

試合は、開局に岡田からハネマンを討ち取った松本を、佐々木が追う展開。鳴きとリーチを巧みに使って局面をリードした佐々木が中盤に逆転。松本のラス親も、佐々木がホンイツでプレッシャーをかけて降ろし、自らツモアガリで試合をものにした。

東1局は、北家の松本が岡田からタンヤオピンフ・ドラ2・赤2の12000を直撃して、波乱のスタート。

それを追う佐々木、東3局にアンコのドラ1・赤1のイーシャンテンの手から惜しげもなくリャンメンをチーしてテンパイ。ほどなくツモアガッて1300・2600。

さらに東4局、ストレートに手を作ってリーチのみが一発ツモの1000・2000となり、佐々木が松本を逆転する。

オーラスの親は松本。佐々木は自風のを赤入りでポンして、ピンズのホンイツで松本にプレッシャーをかける。放銃すると3着に落ちる松本は、守備に回らざるを得なくなる。

3着の岡田が果敢にリーチをかけるが、決着は佐々木のツモアガリ。2000・4000を加点し、佐々木がセミファイナル初勝利をあげた。

勝利者インタビューで佐々木は「(試合が)長引いてしまいましたね。もう少し早く終わらせる展開にしないといけないと思いました。(セミファイナルの)16戦ていうのはあっという間だと思うんですよね。それをかなり意識したので、序盤に躓きたくないという思いでやってましたからトップは非常に大きかったですと語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 4万7200点/+67.2
2着 松本吉弘・ABEMAS 2万5200点/+5.2
3着 岡田紗佳サクラナイツ 2万700点/▲19.3
4着 朝倉康心・パイレーツ 6900点/▲53.1

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +215.1(4/16)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +126.7(3/16)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +114.1(3/16)
4位 渋谷ABEMAS +77.8(3/16)
5位 U-NEXT Pirates ▲25.8(3/16)
6位 TEAM雷電 ▲142.5(4/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月19日の対戦は
渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

渋谷ABEMAS
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ3日目

この記事のタイトルとURLをコピーする
毎日麻雀情報を発信しています!