内川幸太郎、昨年の悪夢を晴らす快勝!! 個人9勝目を得て、サクラナイツはさらに上へ!!

内川幸太郎、

昨年の悪夢を晴らす快勝!!

個人9勝目を得て、

サクラナイツはさらに上へ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕71日目、第2戦は内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東場でリードを築いた内川が、トップを譲ることなくゴールイン。内川が個人9勝目をあげて、サクラナイツはボーダー争いから安全圏へと逃げ延びた。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳EX風林火山滝沢和典セガサミーフェニックス近藤誠一、そして内川の4名。

東1局、西家・内川がソーズ染めの村上に待ちのリーチ・赤1で真っ向勝負してをツモアガリ。1300・2600のアガリでまずは内川がリード。

東4局、内川が再びリーチ・赤1の待ちで先制リーチ。このリーチに南家の村上がタンヤオピンフ・ドラ1ので追いかけるが、を掴んで返り討ちに。なんとウラ3で痛恨の8000点放銃となってしまう。

南1局・南2局は、滝沢がヤミテンで村上から連続で点棒を奪取。村上が親を落とされ苦しい状況に。

オーラス1本場、3着目ながらハネマンツモでトップを狙える近藤が7巡目に先制リーチ。ピンフ・ドラ1の。逆転には一発ツモ、ウラ1かツモウラ2が必要。このリーチに、2着目でラス親の滝沢が3フーロしての単騎で立ち向かう。決着は近藤のツモアガリ。を引き寄せたが、ウラドラは1枚のみ。近藤が2着に浮上して試合終了となった。

昨年のこの日、黒沢への四暗刻単騎放銃の憂き目にあった内川だったが、今年は個人9勝目を獲得し、サクラナイツはセミファイナル戦線をひとまず安全圏に離脱となった。

内川はインタビューで、

「チームポイントに余裕が出てきたところで残り9戦だったので、おそらくラスを5回引かなければ通貨になれるのでかなり守備的に対局に臨みました。今回トップを取れたので、次は守備的にいかなくていいかなと思います」

と語った。

【Result】
1着 内川幸太郎サクラナイツ 3万5100点/+55.1
2着 近藤誠一・フェニックス 3万1700点/+11.7
3着 滝沢和典・風林火山 2万3600点/▲16.4
4着 村上淳・ドリブンズ 9600点/▲50.4

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +548.4(80/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +194.3(82/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲26.0(80/90)
4位 EX風林火山 ▲39.5(82/90)
5位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲103.0(80/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲142.9(82/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲200.5(80/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲230.8(82/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvsフェニックス」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
2月25日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックス

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:佐々木寿人
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!