憎いほど大胆不敵! ノータイムの魔王・佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

憎いほど大胆不敵!

ノータイムの魔王・

佐々木寿人が目覚めた夜

文・真中彰司【木曜担当ライター】2020年2月6日

2020年2月6日、今日のMリーグ1戦目のカードは以下の4選手だ。

1戦目

東家 近藤誠一セガサミーフェニックス

南家 鈴木たろう赤坂ドリブンズ

西家 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部

北家 日向藍子渋谷ABEMAS

絶好調のフェニックスからは個人成績首位の近藤。

そして猛追中のドリブンズからは前節大トップを決めたたろう。

さらにアベマズからは松本の連対バトンを受け取った日向。

そして現在6位と、ボーダー戦線のど真ん中にいるのが麻雀格闘倶楽部からは、佐々木寿人が登場した。

寿人と言えば【魔王】と言われるほどの支配力が持ち味だが、ここまでで-49.2ptとやや振るわない成績。

しかし、チームメイトの前原・藤崎は全く心配していないという。

果たして復活の夜は今日訪れるのか?

東3局

リードした近藤を追いかける東3局。

ターツ選択でカンを払っていくと…

選択がハマってとツモりテンパイ。

一通への変化もあるが…

巡目も遅いため、即リーチ。ここまでわずか1秒。

寿人ならもう少し早いテンパイでも即リーチしていただろう。

しかし、待ちのは残り1枚しかない。

その間にたろうは前巡からでこっそりヤミテン。

たろうの待ちの方が圧倒的に強い。これは流される…

なんとラス牌を一発ツモ!

「だって見えてないから、残り4枚あるじゃん」

そこに座っているのは「引き算打法」の使い手。待ちの枚数など関係なかった。

南1局

南1局では喰いタンでポンから仕掛けていく。

Mリーグでは喰いタンはあまり見かけないが、麻雀格闘倶楽部が一番喰いタンの回数が多いのではないだろうか?

そして常にノータイムの寿人は、テンパイ速度が読みづらい。

索子に染めていた日向から8000点を討ち取り、再びトップ目に浮上。

南4局3本場

ラス親の日向が粘って迎えた迎えたオーラス3本場。

近藤がさっそくツモ条件を満たすテンパイ。

迷わずリーチに打って出る。フェニックスは首位のため、2着でも及第点だ。

対して寿人は無筋のを…

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!