熱く、冷静に加点する堀慎吾と、彼を追った3者灼熱のオーラス【Mリーグ2021観戦記2/17】担当記者:東川亮

熱く、
冷静に加点する堀慎吾と、
彼を追った3者
灼熱のオーラス

文・東川亮【月曜・木曜担当ライター】2022年2月17日

大和証券Mリーグ2021、2月17日の第2試合は、こちらの4名による対戦となった。

第2回戦
東家:茅森早香(セガサミーフェニックス)  226.4 ポイント/6位
南家:白鳥翔渋谷ABEMAS) 91.5ポイント/11位
西家:伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部) 250.7ポイント/5位
北家:堀慎吾(KADOKAWAサクラナイツ)  140.0ポイント/8位

4者とも、今シーズンはプラスポイントを積み上げている選手たち。白鳥以外の3者は3桁プラスだ。チームの順位も3位から6位という4チームの対戦。勝利、そしてそれがかなわずとも、一つでも上の順位で試合を終えたいという思いは、熱いぶつかり合いを生む。

東4局、現状トップ目の堀が5巡目の【7マン】チーでテンパイを入れる。【4ソウ】【7ソウ】待ちだが、役は現状【7ソウ】での三色であり、【4ソウ】ではアガれない形だ。門前テンパイなら高打点も見込めそうだったが、【7マン】が場に3枚目で、これを逃すと三色にはかなりなりにくそう。

そこに、白鳥が【4ピン】【7ピン】待ちリーチで追撃をかける。

リーチの一発目、堀は【1ピン】をノータイムでツモ切った。この【1ピン】、無スジのドラである。もちろん現状通っていないスジは多いのだが、待ちが悪かろうが行くと決めたらドラだろうとストレートに打ち抜く。

堀の打点は5800とそこそこで、リーチに対してはかなり戦うつもりだったという。同じ切るでも、こういう切りは見ていてカッコいい。

ここは白鳥が【7ソウ】をつかみ、堀に軍配が上がった。

南1局。堀の手には三元牌が5枚入っていた。【白】のポンから発進し、カン【4ソウ】ターツ払い。マックスで大三元までを見た進行。

しかし直後、状況は大きく動く。まずは白鳥が【9ソウ】ポンでチンイツへ向かう。ここで打ち出されたドラ【7ピン】

親の茅森がポン。2人とも、打点が見える仕掛けだ。

さらに茅森が堀の切った【6ピン】をチーして、

【中】を切り出す。三元役を狙うなら、当然のポンのはず。

堀は鳴かなかった。【中】に一瞥をくれただけで虚空を見やり、思考を巡らす。

そして白鳥の【4ソウ】ポン打【發】に合わせる形で【發】を切った。たしかに大三元の可能性はあるが、現状手の内にターツはなく、大三元どころかアガリすら厳しそう。そしてドラポンの茅森は12000以上の打点が確定、白鳥も一色手なら高打点。アガリ率と放銃率、放銃時の失点を考えれば、前には出られない、という判断だ。

この局はトップ目の伊達がダマテンでアガリきり、2人の高打点成就はならず。その後、少し点数は動くものの順位変動はないまま、試合はオーラスへと進む。

南4局、7巡目の堀。リャンメンターツが多い手牌で、【7マン】を引いて一つメンツが完成。ここで【1マン】を外すとリャンメンターツ3つの2シャンテンというある程度分かりやすい形で進行できる。

だが、堀は【8ピン】切りを選んだ。【1マン】のトイツを雀頭とし、リャンメンターツ候補4つから選ぶ6ブロック進行。この時点ではどこも選べず、そしてどこも逃したくない、ということだろう。

次巡、選択がかみ合う【9ピン】引き。もし【1マン】を切っていたら、ここからの進行がやや難しくなっていた。

注文通りのピンフリーチを打ち・・・

ツモアガリ。この時点では打点は1300オール、堀は「なんとか裏ドラ1枚お願い!」と祈ったという。

それがなんと裏裏で4000オール。堀が伊達を逆転し、トップ目に立った。

そして次局が最終局となるのだが、ここでは堀以外の3人が、濃密な戦いを繰り広げる。

まずは伊達、1巡目から【2マン】をポン。堀との点差は9100、この手で逆転条件を作るならマンズのチンイツでの満貫ツモ、ということだろう。ただ、手の内のマンズはまだ8枚で、リャンメンでも使えそうな【2マン】だけに、ここから鳴いていくのはなかなか勇気がいる。次巡には【9マン】もポン。

白鳥は【南】【中】と、いずれも少考して切っている。3着にはハネ満ツモか茅森からの6400以上直撃という条件で、打点を考えれば一気にホンイツに行きたいところだが、【3ピン】【3マン】を引っ張って受け入れの広さを重視する。【西】暗刻で6400直撃が明確に見えるようになったのは大きいだろう。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • Mリーグほぼ毎日4コマ2巻発売中!