屈辱の四暗刻単騎放銃から1年、内川幸太郎は勝って未来を切り開く【Mリーグ2020観戦記2/25】担当記者:東川亮

屈辱の四暗刻単騎

放銃から1年、

内川幸太郎は勝って

未来を切り開く

文・東川亮【木曜担当ライター】2021年2月25日

 

 

過去は、変えられない。

ましてやその一打は、大和証券Mリーグの歴史に残った。

「いいねえ!」

確かに、大和証券グループの投資取引アプリ「CONNECT」はいいものだ。

しかし、たとえチームのためだったとしても。

結果、CMに起用されたとしても。

麻雀打ちとして、役満放銃による敗戦が「いい」わけがない。

敗れた過去は、変えられない。

できるのは今を戦い、勝って未来を切り開くことだけだ。

2/25。

1年前の悪夢を振り払うため、内川幸太郎は同じ第2回戦、同じ西家に座った。

2月25日 第2回戦

東家:近藤誠一セガサミーフェニックス

南家:村上淳赤坂ドリブンズ

西家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

北家:滝沢和典EX風林火山 

東1局

内川はここからを切る。

一盃口こそ消えるもののは2枚切れ、二度受けも解消でき、形はかなりすっきりと整った。

や安パイ候補のなどを切り飛ばして目いっぱいに受けると、を引き入れて納得の待ちリーチ。

これをツモって1300-2600、まずはリードを奪う。

東2局、親の村上がをチーすると、マンズのホンイツが狙えそうな手ではあったがすぐに守備モードへ移行。

村上の手はタンヤオドラ3赤赤という強烈な形だったが、アガリには結びつかず。

その後は他者の早いアガリやリーチで局が進み、東4局

内川の手は、東1局以来となるアガれそうな手格好に。

を引いて選択。

残せば受け入れは多少増えるものの、は自身の目から5枚見えな上、自分でを切っているフリテン受け。

そしては親の現物である。

しかし内川は、を残してを切った。

これはが自身の目から4枚見えており、全員がソーズの上を早めに切っていることから、が山に残っていると読んだか。

親の滝沢がを切っており、も安パイとして使えそうだということもあっただろう。

そして、狙い通りの引きで先制リーチ。

追っかけリーチの村上からを捉えると、僥倖の裏3で8000のアガリに。

これで内川がかなりのリードを奪った。

その後は村上から滝沢への放銃が続き、南3局

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!