萩原聖人、松本吉弘らの思いを胸に…若武者が見せた人生を賭けた差し込みの結末 麻雀最強戦2020「次世代プロ集結 麻雀代理戦争」観戦記【A卓】

萩原聖人、松本吉弘らの

思いを胸に…若武者が見せた

人生を賭けた差し込みの結末

麻雀最強戦2020

次世代プロ集結麻雀代理戦争

【A卓】担当記者:masasio 2020年6月27日(土)

 

『トッププロ16人が推薦する次世代の若手プロたちの戦い』というコンセプトのこの闘い。

3月27日に行われた予選を勝ち上がった8名の若武者による闘いの模様をお送りする。

8名がA卓、B卓に分かれて対局を行い、各卓上位2名が決勝へ進出。

決勝卓でトップを取った1名のみが最強戦ファイナルへの出場権を得ることができる。

【A卓】

東家スタート

 

日本プロ麻雀連盟B2リーグ所属

荒正義プロ推薦

三浦智博

 

家スタート

最高位戦日本プロ麻雀協会A2リーグ所属

萩原聖人プロ推薦

河野直也

 

 西家スタート

日本プロ麻雀連盟D1リーグ所属

紺野真太郎プロ推薦

岡崎涼太

 

 北家スタート

日本プロ麻雀協会A2リーグ所属

松本吉弘プロ推薦

岸赳生

A卓は以上4名の組み合わせとなった。

年齢、キャリア的には三浦、河野、岸の3名が近いが、実績的にはA2リーグに所属している河野、岸が一歩リードといったところか。

一方の岡崎は若干21歳という若さでこの舞台に登場。

若さを武器に思い切りのよい麻雀が打てるかどうかに注目だ。

入場シーンの写真からも伝わってくるように、4者とも非常に表情が固い。

なんとしても勝ち上がりたいという気合を感じるが、一方でいつも通りの麻雀が打てるかどうかという不安も残る。

東1局から河野がリーチで攻める。

三浦のダブポンの仕掛けにドラドラチートイツで勝負も結果は流局。

続く1本場でも軽快にリーチを掛けるが・・・

三浦の追っかけリーチに放銃してしまう。

裏ドラは乗らず7700

続く2本場、東2局、東3局と3局連続で岸が細かくアガりトップ目三浦に並びかける。

4

三度目の正直。

河野がドラドラのリャンメンリーチ。

現状10900点持ちのラス目だが、この手がアガれればまだ勝負は分からない。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!