「当たり前のことを当たり前にこなす」卓上のヒットマン松本のベストバランスとは【Mリーグ2021観戦記1/28】担当記者:渡邉浩史郎

「当たり前のことを

当たり前にこなす」

卓上のヒットマン

松本吉弘の

ベストバランスとは 

文・渡邉浩史郎【金曜担当ライター】2022年1月28日

【第2試合】

東家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部
南家:松本吉弘渋谷ABEMAS
西家:二階堂瑠美EX風林火山
北家:茅森早香セガサミーフェニックス

先週の観戦記では独特なバランスで打ちまわす四人の戦いを紹介させていただいた。

ではMリーガーの中で最もオーソドックスなバランスを持っている選手はいったい誰だろうか。

それは恐らくこの男。ミスターベストバランス、渋谷ABEMAS松本だろう。

今週火曜日の解説内では自身の麻雀を「ストロングポイントがよくわからない」けど、「当たり前のことを当たり前にやり」「当然の勝ちを続ける」と評していた。

それはまさに麻雀プレイヤーが目指すべき完成体の一つである。

そんな松本の「当たり前」のバランス、早速見ていこう。

【東1局】

七巡目、松本はこの形から【6マン】を打ち出していった。

直線的に見ればカン【8マン】【6マン】単騎の直接の受け入れをなくす打牌だが、残した【9マン】は親の寿人の、【9ピン】は瑠美と茅森の現物だ。自然にドラ周りのブロックを使った高打点を見つつ、これくらいの巡目・手牌ならしっかり安全度を重視していく。

寿人のリーチを受けて一枚切れの字牌2種を抱えてベタ降り。これも「当たり前」に見えるが「一枚切れの字牌くらい……」とついつい押してしまう人もいるのではないだろうか。

松本だっていつも一枚切れの字牌2種程度で降りているわけではない。今回の手牌は打点も形も不安定で安牌も多く、「のらりくらりと押していたらそこまでの危険牌を切ることなくアガれた」といういい偶然が起こるよりも、「のらりくらりと押していたけど結局降ろされた」や「ちょっと押してみたら親のリーチに放銃した」といったよくない偶然が起こることのほうが多いという判断だ。

早速「当たり前」を積み重ねるベストバランス麻雀を見せてくれた。

【東2局】

跳満をツモってトップ目に立っての親番。

ドラを引いての【5ピン】切り。123の三色が見える勝負手だ。

同巡、寿人がツモ切ったこの【2ピン】を……

チー!! 仕掛けて5800の聴牌を取りに行った。

なるほど【2ピン】は筋に掛かっているとはいえ、ドラが【1ピン】である以上必ずケアされてしまう待ち。一枚切られて弱くなったなら、ネックが残る面前進行よりも仕掛けて瞬間の聴牌が偉いといったところだろうか。

待ち取りは当然【5マン】単騎。【赤5マン】でアガればマンガンだ。【2ピン横向き】【1ピン】【3ピン】の仕掛けが光るだけに、中ごろの待ちは多少盲点にもなり得る。

この仕掛けに翻弄されたのが寿人。

この聴牌。【2ソウ】を切れば【5ソウ】【6ソウ】【8ソウ】【9ソウ】の見た目7枚残っている待ち、【6ソウ】を切れば【2ソウ】【3ソウ】待ちのこちらも見た目7枚残っている待ち。捨て牌だけを見ればソウズの上がよく見えるが……

下家の松本の【2ピン横向き】【1ピン】【3ピン】仕掛けにソウズの下が打ち切れないと判断。【6ソウ】を切っての【2ソウ】【3ソウ】待ちでリーチを掛けた。

このリーチを受けた松本。一旦【2マン】単騎に変えたところ。完全安牌は【1マン】の一枚しかない。

ここは【1マン】が四枚切れで愚形に当たりにくい打【2マン】

寿人は【2ソウ】が切れていればこの4枚目の【9ソウ】で松本を降ろすか直撃することが可能だったかもしれない。

ここは【2マン】の一枚押しをした松本が僥倖の【3ピン】単騎ツモ!! 見事な鳴きのバランスで、目下のライバルのリーチを蹴る値千金のアガリとなった。

【東3局二本場】

ノーテンで親落ちとなった松本。

下家、親の瑠美が【7ピン】ポンを入れている局面でこの聴牌。ここは……

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊