二階堂瑠美、亜樹のラスを見事にリカバー!! 風林火山は3位を死守!!

二階堂瑠美、亜樹のラスを

見事にリカバー!!

風林火山は3位を死守!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕66日目、第2戦は二階堂瑠美EX風林火山)が、トップを獲得。序盤は臥薪嘗胆していた二階堂だが、東場の親番でマンガンツモ、子でハネマンツモと大物手を成就させて11戦ぶりの勝利となった。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人渋谷ABEMAS松本吉弘セガサミーフェニックス茅森早香、そして二階堂の4名。

東1局は、親の佐々木のリーチ・ツモ・タンヤオ・ドラ1の4000オールで幕を開ける。同1本場、南家・松本がピンフタンヤオ・赤1の手をリーチで攻める。次巡、即座に佐々木から追いかけリーチが入る。待ちはともに【4ソウ】【7ソウ】。この引き合いに勝利したのは、松本。【4ソウ】をツモってウラが2枚の3000・6000。

二階堂に出番が回ってきたのは東3局3本場。13巡目にかけたリーチは【3ピン】【6ピン】【5ピン】待ち。そしてピンフがつく【6ピン】を一発ツモ。赤1の4000オールで一気に松本を射程圏に捉える。

東4局、4巡目にピンフ・ドラ2の【1マン】【4マン】【7マン】待ちという絶好のテンパイを入れた二階堂は当然即リーチ。終盤に【7マン】をツモってウラが1枚の3000・6000。大幅リードを築いた二階堂は、以降の局をダマテンで効果的に流して逃げ切りトップ。個人3勝目を獲得し、風林火山はABEMASをかわして3位に返り咲いた。

二階堂はインタビューで、

「(11戦ぶりのトップについて)久方ぶりですね…、実に長かったですね(笑)。悔しい亜樹さんのラスを取り返せるかなと思いながら(席に)座りましたが、手牌に恵まれてトップが取れて安心しました」

と語った。

【Result】
1着 二階堂瑠美・風林火山 4万1900点/+61.9
2着 松本吉弘・ABEMAS 3万8600点/+18.6
3着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 2万1000点/▲19.0
4着 茅森早香・フェニックス ▲1500点/▲61.5

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +296.9(66/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +230.4(66/90)
3位 EX風林火山 +198.4(66/90)
4位 渋谷ABEMAS +176.0(66/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +29.7(66/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲26.4(66/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲39.7(66/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲885.3(66/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

詳細情報
EX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月28日の対戦はEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊