君は見たか? 交錯する3人の思いをすべて飲み込んだ 魔王・佐々木寿人の一撃を【Mリーグ2020観戦記11/3】担当記者:ZERO

君は見たか?

交錯する3人の思いを

すべて飲み込んだ

魔王・佐々木寿人の一撃を

文・ZERO【火曜担当ライター】2020年11月3日

「ロン!ソニー損保!」

の脈絡の無さをなんとかしてほしいみなさんこんにちは。

「だいすき!」

…許す。

長かった今夜の1回戦は丸山の選択から紹介する。

東1局 丸山の切り返し

丸山はここからを切った↓

は全員に危険で、特にダブをポンしている魚谷を警戒している。

その証拠に次に持ってきたで↓

丸山は安全牌のを放出。

が魚谷(対面)の現物なので、持ちやすい。
そして次にを引いた時に安全なを落としていきつつ、2度受けを解消できるのが大きい。

実際にをツモってきた。↓

予定通り丸山はを払っていく。

丸山は2年目ということもあり、少しMリーグの雰囲気に慣れてきた。
常に辛そうだった1年目とは違い、楽しむ余裕も出てきたというコメントも。

は切るけどを残すというバランスに丸山のコンディションの良さを感じる。
を残すことによって、次に引いたソウズ周りを切らなくて済むのは大きい。
ソウズが危険牌吸収性能が高い形と言えるのだ。

しかしこの局は寿人が切れ味鋭い攻めを見せる。

まずはこのツモでテンパイ。↓

しかし赤が出ていく上に、1枚打たれているカンとあらばお気に召さなかったか。

あっさりとをツモ切ってテンパイ取らず。

この判断が正解で、すぐにを引いて待ちでリーチを打つ。

ツモ!

裏も乗って3000・6000に仕上げた。

東2局

丸山はここから打

孤立のを残したのは、これにくっつけてホンイツなりトイトイを狙うという算段だ。
は赤受けを意識している。

次にツモってきたのが。↓

リャンメンができたところであまり迷わずにを切った。
よりの方が、安全度込みで使いみちがありそうだがどうか。

そうこうしている間に親の萩原がリーチを打つ。

このドラも赤もなく、3ブロックしかない配牌が…↓

こう育った。↓

高めメンタンピンの
直前までを引っ張って789の三色を追っているのが萩原らしい。

この手牌を追っかけリーチを打ってきた寿人からアガって5800。↓

この日の萩原は、いつになく気合が漲っているように見えた。

1・2年目と思うように勝てず、3年目の今シーズンも不調の出だし。
周りからは批判が殺到し、ずっとそれを受け止めている。

本人は黙っているが、一番わかっているのだ。
麻雀は結果を出すしか道はないと。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!