鈴木たろう、ゼウスの選択でチームをトップに導く!!

鈴木たろう、
ゼウスの選択で
チームをトップに導く!!

3月2日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その初日3回戦。赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。鈴木は2連勝、そして赤坂ドリブンズは初日3連勝という偉業を達成、EX風林火山を交わしてトータルトップに躍り出た。

対局者は、
EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷abemas・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、
KONAMI 麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、
そして鈴木。

並びは、鈴木・滝沢・松本・佐々木。

東2局は、開始早々の三つ巴戦。
滝沢、松本と続けてリーチ。対する佐々木は、仕掛けてテンパイ。
結果は、滝沢が松本へピンフ・赤1・ウラ2の親マンガンという重いパンチを御見舞することに。

東4局には、ラス目に落とされた松本が反撃にでる。
、ドラのとポンしてチンイツ一気寄せ。
カン待ちでテンパイしたところで、を加カンしてツモアガリ。
バイマンのアガリで一挙に戦線に復帰する。

南1局2本場には、ラスを押し付けられた佐々木が巻き返す。
ドラアンコの手でリーチ・ツモ。
をツモって、裏ドラが1枚のハネマンツモアガリ。

結果、平たい状況で迎えた南2局、鈴木と滝沢のリーチ合戦。
滝沢が鈴木の高めタンヤオの当り牌をつかみ、ピンフ・ドラ2の8000点を献上。
これが決定打となり、鈴木がトップで逃げ切った。

鈴木は勝利者インタビューで、
「(3連勝)やっちゃいましたね(笑)。(チームに)貢献できて、うれしすぎますね。(2戦目の村上選手に)泣くの早いよって言いながら見てました(笑)。」
と語った。

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会) 3万5400点/+55.4
2着 KONAMI 麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟) 2万6900点/+6.9
3着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会) 2万200点/▲19.8
4着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟) 1万7500点/▲42.5

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +178.8(3/24)
2位 EX風林火山 +92.0(3/24)
3位 渋谷ABEMAS ▲9.5(3/24)
4位 KONAMI 麻雀格闘倶楽部 ▲12.8(3/24)

◆大和証券Mリーグ2018 4チームが24試合を行い、優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ1日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする