白鳥翔、 ABEMASはボクが支える!! 5勝目獲得でチームは4位浮上!!

白鳥翔、
ABEMASはボクが支える!!
5勝目獲得でチームは4位浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の37日目第1戦は、白鳥翔(渋谷ABEMAS)がトップを獲得。白鳥は今期5勝目と絶好調。病気療養中の多井隆晴不在のABEMASを牽引し、チームは4位となった。

1回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠、セガサミーフェニックス・茅森早香、TEAM雷電・瀬戸熊直樹、そして白鳥

東2局2本場、赤3枚の手となった親の白鳥、をポンしてタンヤオ・赤3をツモリアガって4000オール。トップ目に立つ。

その後、沢崎と瀬戸熊が壮絶なたたき合いを演じる。リードした沢崎を南場で瀬戸熊が3連続討ち取って、瀬戸熊が微差でトップに立つ。

しかし南4局1本場、茅森がホンイツ・赤1のマンガンをツモアガリ。瀬戸熊が親かぶりで降着し、白鳥がトップを獲得した。

勝利者インタビューで白鳥は「前回、沢崎さんにうまいことやられてトップを取られてしまったので、直接対局のときにトップを取っておかないと、苦手意識がついちゃうかもしれなかったので、(今日のトップは)大きな1勝だったなと思いますと語った。

【Result】
1着 白鳥翔・渋谷ABEMAS 2万9600点/+49.6
2着 瀬戸熊直樹・TEAM雷電 2万8600点/+8.6
3着 沢崎誠・KADOKAWAサクラナイツ 2万2600点/▲17.4
4着 茅森早香・セガサミーフェニックス 1万9200点/▲40.8

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +241.6(37/90)
2位 EX風林火山 +190.6(36/90)
3位 TEAM雷電 +19.4(37/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲25.5(37/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲83.0(36/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲106.4(37/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲116.0(36/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲120.7(36/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

11月28日の対戦は
サクラナイツvsABEMAS vsフェニックスvs雷電

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:園田賢
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ2019 KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS vsセガサミーフェニックスvs TEAM RAIDEN / 雷電

 

この記事のタイトルとURLをコピーする