日向藍子、 個人・チームともに2連勝!! 渋谷ABEMAS、1日で3位に上昇!!

日向藍子、
個人・チームともに2連勝!!
渋谷ABEMAS、1日で3位に上昇!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の37日目第2戦は、日向藍子(渋谷ABEMAS)がトップを獲得。日向は、東1局から萩原から連続してアガり、3万点以上を貢がせて完勝。白鳥・日向のコンビで2度めの同日2連勝を勝ち取った。

2回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳、セガサミーフェニックス・魚谷侑未、TEAM雷電・萩原聖人、そして日向

東1局、日向がリーチ・一発・チートイツ・ウラ2のハネマンを、萩原から討ち取り。次局の親番でも・ドラ1・赤1の5800を萩原から召し捕って、日向がトップに立つ。

日向は南場の親番でも、タンヤオ・赤3の親マンガンをまたも萩原から直撃し、盤石のトップに。

オーラスは、魚谷の2着取りのヤミテンのピンフ・赤1に日向が2000点を下賜してゲームセット。日向が個人・チームともに連勝となる3勝目を獲得した。

勝利者インタビューで日向は「ABEMASがプラスに帰ってきました。またドキドキさせてしまうかもしれませんが、これからも見守っていてください!」と語った。

【Result】
1着 日向藍子・渋谷ABEMAS 5万1200点/+71.2
2着 魚谷侑未・セガサミーフェニックス 2万7300点/+7.3
3着 岡田紗佳・KADOKAWAサクラナイツ 2万900点/▲19.1
4着 萩原聖人・TEAM雷電 600点/▲59.4

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +222.5(38/90)
2位 EX風林火山 +190.6(36/90)
3位 渋谷ABEMAS +45.7(38/90)
4位 TEAM雷電 ▲40.0(38/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲83.0(36/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲99.1(38/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲116.0(36/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲120.7(36/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

11月28日の対戦は
サクラナイツvsABEMAS vsフェニックスvs雷電

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:園田賢
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ2019 KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS vsセガサミーフェニックスvs TEAM RAIDEN / 雷電

 

この記事のタイトルとURLをコピーする