佐々木寿人、アガリまくって個人2連勝!! タッキー&ヒサト、直接対決を制す!!

佐々木寿人、

アガリまくって個人2連勝!!

タッキー&ヒサト、

直接対決を制す!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕13日目、第1戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。先行する滝沢を、佐々木がアガリを重ねて追いつくと、親番での瀬戸熊からのハネマンを直撃で勝負を決定づけた。佐々木は、個人2連勝となった。

第1戦の対局者は、EX風林火山滝沢和典、U−NEXTPirates・石橋伸洋TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして佐々木の4名。

東1局、親の瀬戸熊がドラのを切ると西家・滝沢がポンテン。瀬戸熊がをツモ切ると、これがロン。滝沢が8000点をアガって先行する。

東2局は、西家の佐々木がをポンしてトイトイのテンパイ。早々にツモアガって5200点を加点し、滝沢を追う。

東3局1本場は、佐々木の先制リーチに瀬戸熊が追いかける展開。待ちは佐々木がカン、瀬戸熊が単騎という対決。しかし、結果は石橋の1人ノーテンで流局。

同2本場、佐々木が3フーロの・ドラ2の5200点をアガってトップに立つ。

東4局、その佐々木が親を迎えて弩級のリーチを放つ。ピンフ・高めサンショク・赤2の高め18000点。すると同巡、瀬戸熊がドラを雀頭にしてのピンフ・高め・イーペーコーのテンパイを入れて追いかけリーチ。

結果は瀬戸熊が佐々木の高めを掴んでしまい、佐々木が5万点オーバーの大トップへ。

次局、佐々木がドラ4の先制リーチをかけて大逃げを図るが、今回は瀬戸熊の追いかけリーチに放銃。タンヤオ・一発・赤1の8000点を瀬戸熊に返上。

南2局、佐々木追撃の騎手である滝沢がリーチ・ピンフ・ツモ・イーペーコーの5200点を加点し、佐々木の大物手を潰す。

南3局、親の滝沢が5巡目リーチ。直後に石橋が追いかけリーチ。ここは石橋がツモり勝ってピンフ・ウラ1の5200点。石橋は、滝沢を目前にオーラスに臨む。

南4局1本場、最後方においていかれていた瀬戸熊が456サンショク・赤2の手をリーチ、そして一発ツモ、ウラ1の16000点! 石橋をかわして3着浮上で試合終了となった。

佐々木はインタビューで、

「こないだは(チームが)連敗で終わってしまいましたから、(トップで)良かったと思います。今日はなんとかこじ開けようという思いでやってまして、トップを取れてよかったと思います。まだまだポイントが(マイナス)100超えていますので、二桁に戻し、0に戻す作業を頑張ろうと思います」

と語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 4万1100点/+61.1
2着 滝沢和典・風林火山 2万1300点/+1.3
3着 瀬戸熊直樹・雷電 2万1200点/▲18.2
4着 石橋伸洋・パイレーツ 1万6400点/▲45.6

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +205.6(12/90)
2位 EX風林火山 +64.0(13/90)
3位 セガサミーフェニックス +37.1(12/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +21.3(12/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲19.1(12/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲76.9(13/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲107.9(13/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲124.1(13/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsPirates vs雷電」

10月26日の対戦は
KONAMI麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vsU−NEXTPiratesvsTEAM雷電

キャスト

KONAMI麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
U−NEXTPirates
TEAM雷電
実況:小林未沙
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsPirates vs雷電

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!