滝沢和典、幻の四連刻を達成して、リベンジ完遂!!

滝沢和典、

幻の四連刻を達成して、

リベンジ完遂!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕13日目、第2戦は滝沢和典EX風林火山)が、トップを獲得。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人、U−NEXTPirates・石橋伸洋TEAM雷電萩原聖人、そして滝沢の4名。1戦目の3名がそのまま続闘という珍しい対局。

局面が動いたのは東3局1本場。南家の石橋がタンヤオ・ドラ1・赤1の手をツモアガリ。8000点をアガって石橋が先行する。

東4局、南家の滝沢がピンフ・高めタンヤオ・ドラ1・赤2のテンパイをヤミに構えていたところ、高めのをツモアガリ。ハネマンを石橋に親被りさせて、トップに立つ。

南1局、トップ目滝沢の親は佐々木が・ドラ2の3900点を萩原からアガって流されてしまう。

南2局、滝沢はと5巡目にして3フーロ。チンイツトイトイ単騎待ちテンパイ。なんと滝沢、ハイテイを引き当てて16000点! 滝沢、ダントツトップを固めに入る。

南3局、2番手の南家・石橋が5巡目にリーチ。ドラが待ち。石橋、高めのをツモって8000点。石橋はラス親でマンガンツモ圏内に、滝沢を捉える。

そのオーラス、まずは北家・佐々木が先制リーチ。対して石橋がタンヤオでまたたく間に3つ仕掛けてテンパイ。さらに滝沢がリーチで攻める。結果は石橋が高めのドラをツモって、タンヤオ・ドラ3の4000オール。一気に滝沢を捲くってトップに立つ。

滝沢と石橋の点差は3000点。先制テンパイはをポンしてドラのをアンコにした、滝沢。石橋はテンパイを察してガードに徹するが、決着は滝沢のツモアガリ。8000点のアガリで滝沢が再逆転で勝利を収めた。

滝沢はインタビューで、

「1戦目はしょうがないかなと思ってたんですけど、2戦目の(佐々木選手が)出てきそうだったんで、なんとかトップを取りたいと思ってたところで、取れてよかったです。いろんなところで観ていただいている方に面白いと思ってもらえるように、精一杯打っていきます」

と語った。

【Result】
1着 滝沢和典・風林火山 4万9900点/+69.9
2着 石橋伸洋・パイレーツ 4万500点/+20.5
3着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 8000点/▲32.0
4着 萩原聖人・雷電 1600点/▲58.4

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +205.6(12/90)
2位 EX風林火山 +133.9(14/90)
3位 セガサミーフェニックス +37.1(12/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +21.3(12/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲19.1(12/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲56.4(14/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲156.1(14/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲166.3(14/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsPirates vs雷電」

10月26日の対戦は
KONAMI麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vsU−NEXTPiratesvsTEAM雷電

キャスト

KONAMI麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
U−NEXTPirates
TEAM雷電
実況:小林未沙
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsPirates vs雷電

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!