日向藍子、3戦2勝・2着1回!! 新エース誕生で、ABEMASプラス圏へ!!

日向藍子、

3戦2勝・2着1回!!

新エース誕生で、

ABEMASプラス圏へ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕14日目、第2戦は日向藍子渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。トップを走る園田を追走する日向だったが、園田が堀へ痛恨のバイマン放銃でトップへ。ラス前・オーラスと日向が連続アガリで逃げ切りトップを獲得し、個人2勝目をあげた。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾セガサミーフェニックス和久津晶赤坂ドリブンズ園田賢、そして日向の4名。

開局は、親の日向がの4面待ちでテンパイ。高めピンフタンヤオでリーチ。を和久津から仕留めて5800点。まずは日向が連荘。

同1本場は、園田が2フーロからのタンヤオ・ドラ2・赤3の12000点ツモアガリを決めてトップ目に立つ。

東3局2本場、西家でドラのをポンした日向が、堀から・ドラ3・赤1の8000点を召し捕って2番手に浮上。

東4局、ラス目で親の堀が6巡目にリーチ。タンヤオ・ドラ1、のシャンポン待ち。しかしは2枚とも園田の手に吸収されてしまい、逆に和久津のヤミテンに捕まってしまう。タンヤオ・ドラ1の2600点を失って南入。

南2局、トップ目の園田の親番。南家の和久津がとポンしてマンズの染め手風の仕掛けで、待ちは。ドラは。そして11巡目に、ラス目の堀から渾身のリーチが入る。高め678サンショクの・タンヤオピンフ・赤1の待ち。2軒に挟まれた園田が、絶好のテンパイを入れてリーチを宣言。その宣言牌は

リーチ・一発・タンヤオピンフサンショク・赤1・ウラ1の16000点! 堀の会心の一撃が決まって、園田は一気にラス目に転落。

しかし全員2万点台で迎えた南3局。

園田が好形のイーシャンテンでドラのを切ると、日向がポンしてテンパイ。園田がリーチをかけるが、日向のツモアガリ。・ドラ3・赤1の8000点で、日向が頭一つ抜けたトップに立つ。

オーラスも日向がをポンしてドラ1、2000点の手を園田からアガって試合終了。日向が個人2勝目を獲得した。

日向はインタビューで、

「まわりの皆さんだったり、家族だったりの支えがあって、この舞台に立てて闘うことが出来ています。今日の1戦目では藤田監督も観に来てくださって、すごいエールを頂いたので(トップは)そのパワーの結果かなと思っております。ABEMASのストラップ、麻雀牌キーホルダー、売ってますのでぜひ買ってください」

と語った。

渋谷ABEMASグッズはコチラ

【Result】
1着 日向藍子・ABEMAS 4万700点/+60.7
2着 堀慎吾サクラナイツ 2万2100点/+2.1
3着 和久津晶・フェニックス 1万9500点/▲19.5
4着 園田賢・ドリブンズ 1万6700点/▲43.3

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +241.9(14/90)
2位 EX風林火山 +133.9(14/90)
3位 渋谷ABEMAS +47.4(14/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲9.0(14/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲35.4(14/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲56.4(14/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲156.1(14/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲166.3(14/90)

「大和証券Mリーグ2020 サクラナイツvsフェニックスvsABEMASvsドリブンズ」

「大和証券 Mリーグ2020」
10月27日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズ

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
赤坂ドリブンズ
実況:松嶋桃
解説:石橋伸洋
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 サクラナイツvsフェニックスvsABEMASvsドリブンズ

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!