切ったジョーカーは1枚だけ 一太刀で決めた近藤誠一の我慢【Mリーグ2021観戦記1/18】担当記者:ZERO

切ったジョーカーは1枚だけ

一太刀で決めた近藤誠一の我慢

文・ZERO【火曜担当ライター】2022年1月18日
まずは次の画像を見てほしい。

これはとあるMリーガーの天鳳におけるスタッツである。

フーロ率.337平均スコア+10.1… 東風戦の成績なので恐ろしく勝っているといえるが、はたしてこれは誰のものかおわかりだろうか。ヒントは今夜の出場メンバー。

あー朝倉ね。と思った方、残念ながらハズレである。

このデータの持ち主は…

いきなりジョーカーを切る

東1局

起家スタートの近藤がここから【9ソウ】を切った。↓

この打【9ソウ】を見て、解説の渋川は「【發】を鳴く気がないですね」と説明する。

【9ソウ】【發】をポンした後の重要なポン材になるからだ。

しかし、渋川の説明が終わらないうちに

ポンが入る!

ちゃちな点棒を拾わねぇ! とばかりに大物手を狙い続ける近藤が動いただけで、場に戦慄が走ったのだ。

このポン1つで殺されてしまった男がいた。

5巡目、上家から打たれた牌に朝倉の手が一瞬止まる。

手牌はこちら。

【3ソウ】をポンすると、【北】バックのテンパイに取ることができた。

しかし下家の近藤が仕掛けたこと、その近藤にドラ表示牌の【2マン】を切らねばならないこと、まだ門前での変化があること、などを考慮して朝倉はスルーしたのだ。

フラットなら仕掛ける牌だったが、近藤の圧に屈してしまった形。

この逡巡の判断を、朝倉はとことん悔やんだ。

結果は流局し、次局

朝倉はリーチ合戦のはてに萩原へ12000のダイブすることになる。

【3ソウ】ポンせずとの因果はないし、結果論でしかないとは思うのだが、ともあれ朝倉は近藤のポン1つで沈んでしまった。

実は先程の天鳳の成績はポンをいれた近藤のものである

フーロ率.337は、今の近藤の麻雀からは信じられない。

しかしながら、近藤とて大きな麻雀しか打てないわけではない。

フィールドによって打ち方は変えるし、多くの経験、試行錯誤があって今の形になったのだ。

そういう意味で近藤はいつでも牽制できるジョーカーを持っている… といえる。

普段、腰の軽い打ち手がたまに重く打っても影響は小さいが、近藤のような腰の重い打ち手がたまに軽い仕掛けを入れると、一瞬で場を制圧することができる。

ただあまり仕掛けすぎると、効果がなくなってしまう。

ジョーカーには限りがあるのだ。

本当はこのジョーカーをなるべく温存して、セミファイナル、ファイナルで切りたかったのではないだろうか。

できればジョーカー(【發】ポン)を、他チームの28人の選手にできれば見せたくなかった筈。

しかし、そうも言ってられないポイント状況になり、近藤はジョーカーを切った。

切羽詰まった気持ちが見え隠れするように感じた。

焦点の一局

東3局1本場

親の村上と近藤がピンズでぶつかった。

まずは

2フーロを入れた村上が…

ホンイツの12000テンパイ。

この仕掛けを受けた近藤も

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!